ゾンビ状態の民進党、いつまで延命するのか 両院議員総会では前原バッシングが炸裂

拡大
縮小

また「一定の方向を定めるのが私の責務」と述べて、自分の決定を正当化しようとする前原代表に対して、芝博一参議院議員は「全ては言い訳にしか聞こえない。なぜ全ての決定をひとりで行ったのか」と疑問を呈し、桜井充参議院議員に至っては「なぜ引き返さなかったのか。偽メール事件と同じではないか」と批判した。

桜井氏はさらに、「(希望の党との)交渉については本来は選対委員長の長妻(昭)さんが行うべきで、結局は党が壊れた」と前原代表を厳しく責任追及している。

この時点でもはや前原代表への信頼は皆無となり、辞任を求める声が相次いでいる。江田憲司氏は「本日即刻辞任いただきたい。遅すぎるくらい」とばっさりと斬り捨て、福田昭夫氏は「特別国会が始まるまでに新しい代表を決めるべきで、前原さんが決めるのはおかしい。安心して身を引いてほしい」とやんわりとかつ厳しく述べている。

前原氏へのバッシングの嵐

さらに石橋通宏参議院議員に至っては、すぐ後に開かれる両院議員総会での辞任を求めていた。芝氏は「前原さんが方向性を決めるのは許されない」と厳しい態度を崩さず、杉尾秀哉参議院議員は「国民は前原さんを嘘つきと思っている」と批判して、即時の辞任を求めた。

徳永エリ衆議院議員や神本恵美子参議院議員など女性議員も、前原代表にすぐさま辞任することを要求。前原氏は「もっとも嫌われた代表」として歴史にその名前を残しそうだ。

さて、民進党として最後の会見をする前原代表の背後に、代表就任時から党のシンボルに取り入れた「ALL for ALL(みんなはみんなのために)」が見えていた。

前原氏は党から去り、10月31日午後には新しい代表が選ばれる。衆議院はバラバラになったが参議院は46名の勢力を保持していることもあり、参議院から選ばれる見通しだ。ただ弱みは、これといって目玉になる人材がいないこと。当初ささやかれた羽田雄一郎参議院副会長は出馬を否定したが、小川敏夫参議院会長や大塚耕平政調会長代理のほか、衰退の原因となった蓮舫前代表まで候補に挙がっている。

民進党には100億円以上ともいわれる資金が、まだ残っている。これがある以上、党存続は不可能ではない。分党論も出ているが、民進党はあたかも親の遺産を食いつぶす子供のごとく、延命にいそしむに違いない。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT