黒田総裁、賃金・物価の上昇は「時間の問題だ」

「実体経済は非常に好調で緩やかに拡大」

 10月12日、日銀の黒田東彦総裁は先進国経済の動向に関し、「経済の強さの割に賃金、物価が上がらない状況はある程度共通している」と述べた。4月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ワシントン/東京 12日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は12日、先進国経済の動向に関し、「経済の強さの割に賃金、物価が上がらない状況はある程度共通している」と述べた。日本については「実体経済は非常に好調で緩やかに拡大している」とし、賃金や物価の上昇は「時間の問題」との認識を示した。

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議出席のため訪れているワシントンで記者団の取材に応じた。

黒田総裁は、米欧の金融政策が正常化に向かう一方、日銀が金融緩和を続ける現状について「金融政策はそれぞれの国の経済や物価情勢にあわせて行われる。各国の金融政策が全く同じように動く必要はない」と強調。

その上で、物価2%目標には「かなり距離がある」ことから、G20では緩和策の継続を説明する考えを示した。

一方、米国が金融政策を変更した場合に「国際的な金融市場にどういう影響が出るか等のリスク要因はある」とも語った。

(木原麗花、梅川崇)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。