黒田総裁、賃金・物価の上昇は「時間の問題だ」

「実体経済は非常に好調で緩やかに拡大」

 10月12日、日銀の黒田東彦総裁は先進国経済の動向に関し、「経済の強さの割に賃金、物価が上がらない状況はある程度共通している」と述べた。4月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ワシントン/東京 12日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は12日、先進国経済の動向に関し、「経済の強さの割に賃金、物価が上がらない状況はある程度共通している」と述べた。日本については「実体経済は非常に好調で緩やかに拡大している」とし、賃金や物価の上昇は「時間の問題」との認識を示した。

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議出席のため訪れているワシントンで記者団の取材に応じた。

黒田総裁は、米欧の金融政策が正常化に向かう一方、日銀が金融緩和を続ける現状について「金融政策はそれぞれの国の経済や物価情勢にあわせて行われる。各国の金融政策が全く同じように動く必要はない」と強調。

その上で、物価2%目標には「かなり距離がある」ことから、G20では緩和策の継続を説明する考えを示した。

一方、米国が金融政策を変更した場合に「国際的な金融市場にどういう影響が出るか等のリスク要因はある」とも語った。

(木原麗花、梅川崇)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
仕事が遅い人が「良いと信じている3大悪習慣」
仕事が遅い人が「良いと信じている3大悪習慣」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT