上野御徒町、松坂屋の変身で「若返り」なるか

パンダの赤ちゃんに続き新施設誕生で活性化

高層ビルの少ない御徒町の中心にそびえ立つフロンティアタワーは独特の存在感を示し、多くの通行人が、まだ開業していない建物の中をのぞく姿も見られた。

幼い頃から上野に住んでいるという70代の女性は、「昔はここに映画館があって街もにぎわっていたが、今は高齢の人ばかりになった。映画館が戻り、パルコが入れば、街の雰囲気も変わり、若い人が増えるのでは」と話した。

対面販売の強みを活かせるか

記者会見の様子。左よりパルコの牧山浩三社長、大丸松坂屋百貨店の好本達也社長、J.フロント リテイリングの山本良一社長、上野観光連盟の二木忠男会長(記者撮影)

街全体としても、この先若い世代にどう訴求していくかは大きな課題だ。さらにアマゾンなど、拡大するネット販売への対抗も必要になる。

上野観光連盟の二木忠男会長は「上野エリアは対面販売による小売り商業が多数ある。在宅で注文するシステムが進化している時代に、今後お客様にお店へどう足を運んでいただけるのか不安もある。(フロンティアタワーには)このエリアの核になって、新しい客層を入れていただきたい」と期待を込める。

下町文化を残しながら、上野を幅広い世代が回遊する街に発展させることができるか。新たに生まれるパルコと老舗・松坂屋が相乗効果を発揮し、老若男女が集う街の拠点としての魅力を発信できるかがカギとなる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT