寄り付きの日経平均は続落、その後プラスに

朝の北朝鮮のミサイル発射で一時は円高に

 9月15日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比13円64銭安の1万9793円80銭となり、続落して始まった。2015年6月撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 15日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比13円64銭安の1万9793円80銭となり、続落して始まった。円安一服や朝方の北朝鮮のミサイル発射を背景に売りが先行したが、一巡後はプラスに転じ、小幅高で推移している。

東証業種別では鉱業が上昇率のトップ、医薬品、海運がこれに続いている。半面、その他金融、小売、空運が軟調。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。