寄り付きの日経平均は続落、その後プラスに

朝の北朝鮮のミサイル発射で一時は円高に

 9月15日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比13円64銭安の1万9793円80銭となり、続落して始まった。2015年6月撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 15日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比13円64銭安の1万9793円80銭となり、続落して始まった。円安一服や朝方の北朝鮮のミサイル発射を背景に売りが先行したが、一巡後はプラスに転じ、小幅高で推移している。

東証業種別では鉱業が上昇率のトップ、医薬品、海運がこれに続いている。半面、その他金融、小売、空運が軟調。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。