北京で一番高いビル、「垂直」レースの結末

高さ330m、2041段を駆け上った900人超

 8月26日、中国の北京で、超高層ビルを駆け登る「垂直」レースが開催され、世界中から集まった900人を超える参加者が2041段の階段を上るスピードを競った。写真はロイタービデオの映像から(2017年 ロイター)

[北京 26日 ロイター] - 中国の北京で26日、超高層ビルを駆け登る「垂直」レースが開催され、世界中から集まった900人を超える参加者が2041段の階段を上るスピードを競った。

この日のレースは、世界各地で行われているVWC(バーティカル・ワールド・サーキット)の一環。北京で最も高い高さ330メートルの中国国際貿易センターの高層ビルでの開催は5回目。

今年の男性部門の優勝者はポーランドから参加のピーター・ロボジンスキーさんで、前日ポーランドから到着したばかりでまだ時差ボケが残るとしながらも見事優勝を飾った。

女性部門はオーストラリアのスージー・ワルシャムさんが昨年に続いて優勝した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT