北京で一番高いビル、「垂直」レースの結末

高さ330m、2041段を駆け上った900人超

 8月26日、中国の北京で、超高層ビルを駆け登る「垂直」レースが開催され、世界中から集まった900人を超える参加者が2041段の階段を上るスピードを競った。写真はロイタービデオの映像から(2017年 ロイター)

[北京 26日 ロイター] - 中国の北京で26日、超高層ビルを駆け登る「垂直」レースが開催され、世界中から集まった900人を超える参加者が2041段の階段を上るスピードを競った。

この日のレースは、世界各地で行われているVWC(バーティカル・ワールド・サーキット)の一環。北京で最も高い高さ330メートルの中国国際貿易センターの高層ビルでの開催は5回目。

今年の男性部門の優勝者はポーランドから参加のピーター・ロボジンスキーさんで、前日ポーランドから到着したばかりでまだ時差ボケが残るとしながらも見事優勝を飾った。

女性部門はオーストラリアのスージー・ワルシャムさんが昨年に続いて優勝した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT