北京で一番高いビル、「垂直」レースの結末

高さ330m、2041段を駆け上った900人超

 8月26日、中国の北京で、超高層ビルを駆け登る「垂直」レースが開催され、世界中から集まった900人を超える参加者が2041段の階段を上るスピードを競った。写真はロイタービデオの映像から(2017年 ロイター)

[北京 26日 ロイター] - 中国の北京で26日、超高層ビルを駆け登る「垂直」レースが開催され、世界中から集まった900人を超える参加者が2041段の階段を上るスピードを競った。

この日のレースは、世界各地で行われているVWC(バーティカル・ワールド・サーキット)の一環。北京で最も高い高さ330メートルの中国国際貿易センターの高層ビルでの開催は5回目。

今年の男性部門の優勝者はポーランドから参加のピーター・ロボジンスキーさんで、前日ポーランドから到着したばかりでまだ時差ボケが残るとしながらも見事優勝を飾った。

女性部門はオーストラリアのスージー・ワルシャムさんが昨年に続いて優勝した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。