北京で一番高いビル、「垂直」レースの結末

高さ330m、2041段を駆け上った900人超

 8月26日、中国の北京で、超高層ビルを駆け登る「垂直」レースが開催され、世界中から集まった900人を超える参加者が2041段の階段を上るスピードを競った。写真はロイタービデオの映像から(2017年 ロイター)

[北京 26日 ロイター] - 中国の北京で26日、超高層ビルを駆け登る「垂直」レースが開催され、世界中から集まった900人を超える参加者が2041段の階段を上るスピードを競った。

この日のレースは、世界各地で行われているVWC(バーティカル・ワールド・サーキット)の一環。北京で最も高い高さ330メートルの中国国際貿易センターの高層ビルでの開催は5回目。

今年の男性部門の優勝者はポーランドから参加のピーター・ロボジンスキーさんで、前日ポーランドから到着したばかりでまだ時差ボケが残るとしながらも見事優勝を飾った。

女性部門はオーストラリアのスージー・ワルシャムさんが昨年に続いて優勝した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。