レバノン、結婚でレイプが免罪になる法廃止

イラクやフィリピンでは同条項が今も残存

 8月16日、レバノン議会はレイプ加害者が被害者と結婚すれば罪を免れることができるとする法律を廃止した。写真は法撤廃を求める団体が芸術家とともに行った吊り下げられたウェディングドレスの展示。提供写真。ベイルートで4月撮影(2017年 ロイター)

[16日 ロイター] - レバノン議会は16日、レイプの加害者が被害者と結婚すれば罪を免れることができるとする法律の条項を廃止した。

こうした動きは他のアラブ諸国でもこの数週間相次いでおり、ヨルダンが今月に入り同じような法の抜け穴を廃止したほか、チュニジアでも女性を暴行から保護する法律が可決され、同様の条項を撤廃した。

エジプトではすでに1999年に廃止され、モロッコでもレイプ加害者との結婚を強いられた16歳の少女が自殺したことなどを受けて2004年に廃止されている。

レバノンの女性人権団体のDanielle Howayek弁護士は、法律廃止は大きな前進だが、女性を守る国内法整備にはなお道のりは長いと語った。

国際団体によると、レイプ被害者との結婚で加害者の免罪を今も認める国にはバーレーン、イラク、クウェート、フィリピン、タジキスタンなどがあるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。