7月の中国不動産投資、前年比4.8%増

6月の7.9%増から鈍化、政府の政策奏功か

 8月14日、中国国家統計局が発表したデータを基にロイターが算出した1─7月の不動産投資は、前年同期比7.9%増加した。写真は上海の新しい住宅地区。2月撮影(2017年 ロイター/Aly Song)

[北京 14日 ロイター] - 中国国家統計局が発表したデータを基にロイターが算出した7月の不動産投資は前年同月比4.8%増となり、伸び率は6月の7.9%から鈍化した。

比較的小規模な都市の不動産投資需要は底堅いものの、市場の過熱抑制を狙った政府の政策が引き続き功を奏している。

7月単月の不動産販売(床面積ベース)は前年比2%増にとどまり、2015年12月以来の低い伸びとなった。伸び率は6月の21.4%から急激に低下。大都市の追加抑制策が影響した。

7月の新築着工(床面積ベース)は前年比7%減と、昨年9月以降で初めてのマイナスとなった。6月は14%増だった。

不動産投資は中国でその他40のビジネスセクターに直接的な影響を及ぼし、中国経済の重要な推進力とみられている。しかし、一部のアナリストは、抑制策の強化によって投資や建設活動が最終的に抑えられると見込んでいる。

床面積ベースの在庫は1─7月に11%減少。9.6%減となった1─6月を上回るペースで在庫調整が進んだ。

国家統計局は会見で、不動産市場の過熱感が幾分和らぐ中、投機的な不動産購入をうまく制御できていると説明。住宅市場は安定した伸びを維持できるだろうと付け加えた。

不動産コンサルタント会社CBREの北部中国オフィス調査部門責任者、ティン・スン氏は「住宅セクターは縮小サイクルに入ろうとしている。今年下半期の投資の伸びは軟化しそうだ」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT