ウィーンの双子パンダに好物のニンジン贈呈

1歳を迎えたお祝いのイベントで

 8月7日、オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン動物園で、昨年8月に生まれた双子のパンダ「フー・フェン」と「フー・バン」が1歳を迎え、お祝いのイベントが行われた。写真はお母さんと遊ぶ「フー・バン」(2017年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[ウィーン 7日 ロイター] - オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン動物園で、昨年8月に生まれた双子のパンダ「フー・フェン」と「フー・バン」が1歳を迎え、お祝いのイベントが行われた。

2頭には、好物のニンジンやサツマイモが入った包みがプレゼントされた。

大勢の来園者の前で、雄の「フー・バン」はお母さんパンダの「ヤン・ヤン」と一緒に遊んだが、もう一頭の雌の「フー・フェン」の姿はみられなかった。動物園によれば、眠っていたという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT