ウィーンの双子パンダに好物のニンジン贈呈

1歳を迎えたお祝いのイベントで

 8月7日、オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン動物園で、昨年8月に生まれた双子のパンダ「フー・フェン」と「フー・バン」が1歳を迎え、お祝いのイベントが行われた。写真はお母さんと遊ぶ「フー・バン」(2017年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[ウィーン 7日 ロイター] - オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン動物園で、昨年8月に生まれた双子のパンダ「フー・フェン」と「フー・バン」が1歳を迎え、お祝いのイベントが行われた。

2頭には、好物のニンジンやサツマイモが入った包みがプレゼントされた。

大勢の来園者の前で、雄の「フー・バン」はお母さんパンダの「ヤン・ヤン」と一緒に遊んだが、もう一頭の雌の「フー・フェン」の姿はみられなかった。動物園によれば、眠っていたという。

関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。