ウィーンの双子パンダに好物のニンジン贈呈

1歳を迎えたお祝いのイベントで

 8月7日、オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン動物園で、昨年8月に生まれた双子のパンダ「フー・フェン」と「フー・バン」が1歳を迎え、お祝いのイベントが行われた。写真はお母さんと遊ぶ「フー・バン」(2017年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[ウィーン 7日 ロイター] - オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン動物園で、昨年8月に生まれた双子のパンダ「フー・フェン」と「フー・バン」が1歳を迎え、お祝いのイベントが行われた。

2頭には、好物のニンジンやサツマイモが入った包みがプレゼントされた。

大勢の来園者の前で、雄の「フー・バン」はお母さんパンダの「ヤン・ヤン」と一緒に遊んだが、もう一頭の雌の「フー・フェン」の姿はみられなかった。動物園によれば、眠っていたという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。