グーグル、新プロジェクト「スタンプ」とは?

スナップチャット似のメディア向け技術開発

 8月7日、米グーグルは、写真共有アプリ「スナップチャット」のディスカバー機能と同様に、メディア各社が記事を提供できる技術を開発中だ。関係筋が4日明らかにした。写真は昨年フランスのボルドーで昨年8月撮影(2017年 ロイター/Regis Duvignau)

米グーグル<GOOGL.O>は、写真共有アプリ「スナップチャット」のディスカバー機能と同様に、メディア各社が記事を提供できる技術を開発中だ。関係筋が4日明らかにした。

この開発プロジェクトは「スタンプ」と称し、現在は複数のメディア企業と初期段階の実験を行っているという。

今回のプロジェクトは、4日の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが最初に報じた。グーグルは、ボックス・メディアやCNN、ワシントン・ポスト、タイムなどとの間でプロジェクト参加交渉を行っているとされる。

グーグルや、スナップチャットを運営するスナップ<SNAP.N>、交流サイト大手フェイスブック<FB.O>といったIT大手は、自社アプリ内でのニュースや芸能、スポーツなどのコンテンツ提供を目指し、メディア企業向けツールの開発を競っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT