グーグル、新プロジェクト「スタンプ」とは?

スナップチャット似のメディア向け技術開発

 8月7日、米グーグルは、写真共有アプリ「スナップチャット」のディスカバー機能と同様に、メディア各社が記事を提供できる技術を開発中だ。関係筋が4日明らかにした。写真は昨年フランスのボルドーで昨年8月撮影(2017年 ロイター/Regis Duvignau)

米グーグル<GOOGL.O>は、写真共有アプリ「スナップチャット」のディスカバー機能と同様に、メディア各社が記事を提供できる技術を開発中だ。関係筋が4日明らかにした。

この開発プロジェクトは「スタンプ」と称し、現在は複数のメディア企業と初期段階の実験を行っているという。

今回のプロジェクトは、4日の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが最初に報じた。グーグルは、ボックス・メディアやCNN、ワシントン・ポスト、タイムなどとの間でプロジェクト参加交渉を行っているとされる。

グーグルや、スナップチャットを運営するスナップ<SNAP.N>、交流サイト大手フェイスブック<FB.O>といったIT大手は、自社アプリ内でのニュースや芸能、スポーツなどのコンテンツ提供を目指し、メディア企業向けツールの開発を競っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。