アーバンコーポレイションが民事再生手続、経営破綻

アーバンコーポレイションが民事再生手続、経営破綻

不動産大手のアーバンコーポレイションは、13日、東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行い受理された。

サブプライム問題に端を発した信用収縮で、07年後半以降、常に資金繰りに注目が集まっていた同社だが、ついに力尽きた。13日の終値は62円(前日比1円安)だった。

負債総額は2558億円。

関連記事
・8868アーバンコーポレイション 会社側は物件売却や資金繰り面の懸念を否定
・不動産不況が波及 ゼネコン共倒れ危機!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT