アーバンコーポレイションが民事再生手続、経営破綻

アーバンコーポレイションが民事再生手続、経営破綻

不動産大手のアーバンコーポレイションは、13日、東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行い受理された。

サブプライム問題に端を発した信用収縮で、07年後半以降、常に資金繰りに注目が集まっていた同社だが、ついに力尽きた。13日の終値は62円(前日比1円安)だった。

負債総額は2558億円。

関連記事
・8868アーバンコーポレイション 会社側は物件売却や資金繰り面の懸念を否定
・不動産不況が波及 ゼネコン共倒れ危機!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?