ファストリの第3四半期は営業益23.9%増

国内ユニクロ事業は若干の減益見込み

 7月13日、ファーストリテイリング <9983.T>は13日、2016年9月―17年5月期の連結営業利益(IFRS)が前年同期比23.9%増の1806億円になったと発表した。会社計画を上回っている。写真は都内で3月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] - ファーストリテイリング <9983.T>は13日、2016年9月―17年5月期の連結営業利益(IFRS)が前年同期比23.9%増の1806億円になったと発表した。会社計画を上回っている。

国内ユニクロ事業は0.6%減益だったが、海外ユニクロ事業が61%増益と大きく伸びた。ジーユーを含むグローバルブランド事業は17%減益だった。

9―5月期の国内ユニクロ事業の既存店売上高(店舗+ダイレクト販売)は前年同期比0.9%増となった。客数は2.7%増だが、客単価が1.8%減と前年同期を下回っている。

2017年8月期の連結売上収益は前年比3.6%増の1兆8500億円、営業利益は同37.5%増の1750億円の見通しを据え置いた。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト15人の営業利益予測の平均値は1805億円となっている。

通期の国内ユニクロ事業は、直近予想を下回り、若干の減益になるとの見通し。シーズン末の在庫処分が増え、値引き率が計画を上回る。一方、海外ユニクロ事業は、直近予想を上回り、大幅な増収増益になる見通し。グローバルブランド事業は計画通りの増収増益の見通し。

 

(清水律子)

人気記事
トピックボードAD
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。