ファストリの第3四半期は営業益23.9%増

国内ユニクロ事業は若干の減益見込み

 7月13日、ファーストリテイリング <9983.T>は13日、2016年9月―17年5月期の連結営業利益(IFRS)が前年同期比23.9%増の1806億円になったと発表した。会社計画を上回っている。写真は都内で3月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] - ファーストリテイリング <9983.T>は13日、2016年9月―17年5月期の連結営業利益(IFRS)が前年同期比23.9%増の1806億円になったと発表した。会社計画を上回っている。

国内ユニクロ事業は0.6%減益だったが、海外ユニクロ事業が61%増益と大きく伸びた。ジーユーを含むグローバルブランド事業は17%減益だった。

9―5月期の国内ユニクロ事業の既存店売上高(店舗+ダイレクト販売)は前年同期比0.9%増となった。客数は2.7%増だが、客単価が1.8%減と前年同期を下回っている。

2017年8月期の連結売上収益は前年比3.6%増の1兆8500億円、営業利益は同37.5%増の1750億円の見通しを据え置いた。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト15人の営業利益予測の平均値は1805億円となっている。

通期の国内ユニクロ事業は、直近予想を下回り、若干の減益になるとの見通し。シーズン末の在庫処分が増え、値引き率が計画を上回る。一方、海外ユニクロ事業は、直近予想を上回り、大幅な増収増益になる見通し。グローバルブランド事業は計画通りの増収増益の見通し。

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT