キューバ国営ラブホチェーン、ハバナで復活

「愛の選択肢を多様化させる」政策

 7月3日、キューバ政府は、カップルが時間単位で利用できる国営のラブホテルチェーンをハバナで復活させる方針を明らかにした。公式の労組機関紙が報じたもので「愛の選択肢を多様化させる」政策という。写真は2015年7月ハバナで撮影(2017年 ロイター/Alexandre Meneghini)

[ハバナ 3日 ロイター] - キューバ政府は、カップルが時間単位で利用できる国営のラブホテルチェーンをハバナで復活させる方針を明らかにした。公式の労組機関紙が報じたもので「愛の選択肢を多様化させる」政策という。

1990年代まで、ハバナには「ポサダ」と呼ばれるこうしたモーテルが数十件あったが、残っていた数件はハリケーンで自宅を失った人々に提供された。

プライバシーはカップルにとってますます重要な問題に

家賃の関係から多数の家族が同じアパートに住んだり、夫婦が離婚後も長期間ともに暮らすなど住宅問題が深刻で、プライバシーはカップルにとってますます重要な問題となっている。

民間のモーテルが一定の受け皿になってはいるが、3時間の利用料金が平均月収の6分の1に当たる5ドルに達し、多くは支払うことができないという。

ハバナの州住宅会社担当者は「需要が強いためこのサービスを復活させる。ホテル・ベントと呼び、2階建て・バスルーム付きの客室16室のものから始める」と述べた。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT