キューバ国営ラブホチェーン、ハバナで復活

「愛の選択肢を多様化させる」政策

 7月3日、キューバ政府は、カップルが時間単位で利用できる国営のラブホテルチェーンをハバナで復活させる方針を明らかにした。公式の労組機関紙が報じたもので「愛の選択肢を多様化させる」政策という。写真は2015年7月ハバナで撮影(2017年 ロイター/Alexandre Meneghini)

[ハバナ 3日 ロイター] - キューバ政府は、カップルが時間単位で利用できる国営のラブホテルチェーンをハバナで復活させる方針を明らかにした。公式の労組機関紙が報じたもので「愛の選択肢を多様化させる」政策という。

1990年代まで、ハバナには「ポサダ」と呼ばれるこうしたモーテルが数十件あったが、残っていた数件はハリケーンで自宅を失った人々に提供された。

プライバシーはカップルにとってますます重要な問題に

家賃の関係から多数の家族が同じアパートに住んだり、夫婦が離婚後も長期間ともに暮らすなど住宅問題が深刻で、プライバシーはカップルにとってますます重要な問題となっている。

民間のモーテルが一定の受け皿になってはいるが、3時間の利用料金が平均月収の6分の1に当たる5ドルに達し、多くは支払うことができないという。

ハバナの州住宅会社担当者は「需要が強いためこのサービスを復活させる。ホテル・ベントと呼び、2階建て・バスルーム付きの客室16室のものから始める」と述べた。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。