アマゾン「ホールフーズ買収」の重大な意味

ウォルマートに真っ向勝負

ジェット・ドット・コム創設者で現在はウォルマートの電子商取引部門を率いているマーク・ロア氏はロイターのインタビューで、アマゾンのホールフーズ買収でウォルマートの方針が変わることはないと強調し、「われわれは攻勢を続ける」と宣言した。

ただかつてウォルマートでグローバル食品調達を監督していたオークトン・アドバイザリー・グループのロジャー・デービッドソン社長は、アマゾンのホールフーズ買収でウォルマートの実店舗事業における優位が弱まったと指摘。「この買収は気掛かりな材料だ」と述べた。

アマゾンがウォルマートの客を奪うのは難しい?

一部の業界専門家はホールフーズとウォルマートの顧客層の違いを理由に挙げて、アマゾンがウォルマートの客を奪うのは難しいとみている。それでも市場調査会社ユーロモニターの小売り部門責任者ミッシェル・グラント氏は、ホールフーズの提供商品では目立たない存在である「ホールフーズ365」を活用できるとの見方を示した。

ホールフーズ365はプライベートブランド(PB)で、他の商品よりも販売価格が安く、標的としているのは年齢が若くて価格を重視する買い手だ。アマゾンがこのPBに資金を投じるなどのてこ入れをして大きく育てれば、ウォルマートにとって大問題になるかもしれない、とグラント氏は話す。

アマゾンはホールフーズを使って未来の食品小売店の在り方を試すと予想するのは、アマゾンで実店舗戦略に携わっていたブリテン・ラッド氏だ。具体的には買い物客がカートに商品を入れた段階で自動スキャンする技術を使い、レジを廃止するのではないかという。

さらにラッド氏は「アマゾンは価格を引き下げ、ホールフーズの品ぞろえを変えて顧客層を拡大しようとする。(スーパー大手)クローガーやウォルマートはその影響を受け、顧客がアマゾンに流出する」と述べた。

(Nandita Bose、Jeffrey Dastin記者)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。