問題多発の米ウーバー、カラニックCEOが休職

強引な経営手法が曲がり角に

 6月13日、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズのトラビス・カラニック最高経営責任者(写真)は、社員に対して休職すると伝えた。中国天津市で2016年6月撮影(2017年 ロイター/Shu Zhang)

[サンフランシスコ 13日 ロイター] - 米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズのトラビス・カラニック最高経営責任者(CEO)は13日、社員に対して休職すると伝えた。ロイターがカラニック氏の電子メールを確認した。

カラニック氏の説明では、休職は最近の事故で母親を亡くした悲しみをいやすためと、経営者として自己研さんを積むためで、期間は明らかにしていない。

カラニック氏はウーバーを世界屈指の新興企業に成長させた立役者だが、同社はこのところ規制逃れ疑惑やセクハラなどの問題を抱えており、強引な経営手法が見直しを迫られている面もある。

ウーバーは女性社員がセクハラ被害に遭ったと告発したことを受けて、ホルダー元司法長官の法律事務所に幅広い調査を委託。13日には法律事務所が企業風土改革に向けた多くの提言を盛り込んだ報告書を公表した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。