問題多発の米ウーバー、カラニックCEOが休職

強引な経営手法が曲がり角に

 6月13日、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズのトラビス・カラニック最高経営責任者(写真)は、社員に対して休職すると伝えた。中国天津市で2016年6月撮影(2017年 ロイター/Shu Zhang)

[サンフランシスコ 13日 ロイター] - 米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズのトラビス・カラニック最高経営責任者(CEO)は13日、社員に対して休職すると伝えた。ロイターがカラニック氏の電子メールを確認した。

カラニック氏の説明では、休職は最近の事故で母親を亡くした悲しみをいやすためと、経営者として自己研さんを積むためで、期間は明らかにしていない。

カラニック氏はウーバーを世界屈指の新興企業に成長させた立役者だが、同社はこのところ規制逃れ疑惑やセクハラなどの問題を抱えており、強引な経営手法が見直しを迫られている面もある。

ウーバーは女性社員がセクハラ被害に遭ったと告発したことを受けて、ホルダー元司法長官の法律事務所に幅広い調査を委託。13日には法律事務所が企業風土改革に向けた多くの提言を盛り込んだ報告書を公表した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。