不気味なほどリアルな「赤ちゃん人形」の正体

ビルバオの赤ちゃん人形展示会で

 6月12日、スペイン北部のビルバオで、超リアルな赤ちゃん人形の展示会「リボーンドール・ショー」が開催されている(2017年 ロイター/Vincent West)

[ビルバオ(スペイン) 12日 ロイター] - スペイン北部のビルバオで、超リアルな赤ちゃん人形の展示会「リボーンドール・ショー」が開催されている。

スペイン企業「Babyclon」が作るさまざまな人形は、その不気味なリアルさに価値を見出す収集家のサブカルチャー的嗜好に応えている。

シリコン製人形の価格は約600ユーロ(7.4万円)。人形が息をしたり、おしゃぶりを吸ったりする高級モデルは5000ユーロもする。

映画「アバター」の青いエイリアンそっくりの人形もある。また、赤ちゃんチンパンジーや人魚、妖精のエルフのような尖った耳を持つ赤ちゃんなども展示されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT