不気味なほどリアルな「赤ちゃん人形」の正体

ビルバオの赤ちゃん人形展示会で

 6月12日、スペイン北部のビルバオで、超リアルな赤ちゃん人形の展示会「リボーンドール・ショー」が開催されている(2017年 ロイター/Vincent West)

[ビルバオ(スペイン) 12日 ロイター] - スペイン北部のビルバオで、超リアルな赤ちゃん人形の展示会「リボーンドール・ショー」が開催されている。

スペイン企業「Babyclon」が作るさまざまな人形は、その不気味なリアルさに価値を見出す収集家のサブカルチャー的嗜好に応えている。

シリコン製人形の価格は約600ユーロ(7.4万円)。人形が息をしたり、おしゃぶりを吸ったりする高級モデルは5000ユーロもする。

映画「アバター」の青いエイリアンそっくりの人形もある。また、赤ちゃんチンパンジーや人魚、妖精のエルフのような尖った耳を持つ赤ちゃんなども展示されている。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。