不気味なほどリアルな「赤ちゃん人形」の正体

ビルバオの赤ちゃん人形展示会で

 6月12日、スペイン北部のビルバオで、超リアルな赤ちゃん人形の展示会「リボーンドール・ショー」が開催されている(2017年 ロイター/Vincent West)

[ビルバオ(スペイン) 12日 ロイター] - スペイン北部のビルバオで、超リアルな赤ちゃん人形の展示会「リボーンドール・ショー」が開催されている。

スペイン企業「Babyclon」が作るさまざまな人形は、その不気味なリアルさに価値を見出す収集家のサブカルチャー的嗜好に応えている。

シリコン製人形の価格は約600ユーロ(7.4万円)。人形が息をしたり、おしゃぶりを吸ったりする高級モデルは5000ユーロもする。

映画「アバター」の青いエイリアンそっくりの人形もある。また、赤ちゃんチンパンジーや人魚、妖精のエルフのような尖った耳を持つ赤ちゃんなども展示されている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
イラン核合意離脱は<br>トランプ再選のため

イランの核開発を制限する核合意から、米国が離脱した。イランたたきは中東発世界不安を招きかねず、得策ではない。背景にはトランプ大統領のごくごく内向きな理由があった。