不気味なほどリアルな「赤ちゃん人形」の正体

ビルバオの赤ちゃん人形展示会で

 6月12日、スペイン北部のビルバオで、超リアルな赤ちゃん人形の展示会「リボーンドール・ショー」が開催されている(2017年 ロイター/Vincent West)

[ビルバオ(スペイン) 12日 ロイター] - スペイン北部のビルバオで、超リアルな赤ちゃん人形の展示会「リボーンドール・ショー」が開催されている。

スペイン企業「Babyclon」が作るさまざまな人形は、その不気味なリアルさに価値を見出す収集家のサブカルチャー的嗜好に応えている。

シリコン製人形の価格は約600ユーロ(7.4万円)。人形が息をしたり、おしゃぶりを吸ったりする高級モデルは5000ユーロもする。

映画「アバター」の青いエイリアンそっくりの人形もある。また、赤ちゃんチンパンジーや人魚、妖精のエルフのような尖った耳を持つ赤ちゃんなども展示されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT