世界スマホ販売、中国ファーウェイが2強急追

中国勢ではオッポとビーボも大躍進中

 5月23日、調査会社ガートナーが発表した第1・四半期の世界のスマートフォン(スマホ)販売で、中国の華為技術(ファーウェイ)がサムスン電子と米アップルの2強との差を縮めたことが分かった。写真の同社ロゴは昨年5月に開かれた上海家電ショー2016で撮影(2017年 ロイター/Aly Song)

[フランクフルト 23日 ロイター] - 調査会社ガートナーが23日発表した第1・四半期の世界のスマートフォン(スマホ)販売で、中国の華為技術(ファーウェイ)がサムスン電子<005930.KS>と米アップル<AAPL.O>の2強との差を縮めたことが分かった。

ファーウェイの市場シェアは前年同期の8.3%から9%に上昇。ガートナーは「ファーウェイは世界スマホベンダー3位の座をしっかりと守った。ただ、中国国内の同業者の追い上げで重圧が増している」と指摘した。

実際、中国勢のOPPO(広東欧珀移動通信)とVivo(維沃移動通信)のシェアはそれぞれ8.1%と6.8%に達している。

サムスンはベンダー首位を維持したが、シェアは23.3%から20.7%に低下し、「ギャラクシーノート7」のリコールの影響が尾を引いていることがうかがえる。

アップルもシェアが14.8%から13.7%に下がった。第1・四半期は年末商戦の活況の反動で販売が落ち込むことなどから、アップルにとって季節的に最も低調な時期。今年は秋に新型iPhone(アイフォーン)が登場するため、消費者の買い控えも見られる。

第1・四半期の世界全体のスマホ販売台数は前年同期比9.1%増の3億8000万台だった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT