アップル、インドでiPhoneSEの組み立て開始

インドでのシェア拡大目指す

 5月18日、米アップルは、インド南部ベンガルールの契約メーカーの工場で、廉価版「iPhone(アイフォーン)SE」の組み立てを開始した。アップルは中国での販売が減速する中、世界で最も急速に成長している携帯電話市場の1つであるインドでのシェア拡大を目指している。写真はニューデリーで昨年4月撮影(2017年 ロイター/Anindito Mukerjee)

[ムンバイ 18日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は、インド南部ベンガルールの契約メーカーの工場で、廉価版「iPhone(アイフォーン)SE」の組み立てを開始した。アップルは中国での販売が減速する中、世界で最も急速に成長している携帯電話市場の1つであるインドでのシェア拡大を目指している。

アップルは声明で「ベンガルールでアイフォーンSEの初期的な生産を開始した」と発表。今月中にインド国内で発売する、としている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT