アップル、インドでiPhoneSEの組み立て開始

インドでのシェア拡大目指す

 5月18日、米アップルは、インド南部ベンガルールの契約メーカーの工場で、廉価版「iPhone(アイフォーン)SE」の組み立てを開始した。アップルは中国での販売が減速する中、世界で最も急速に成長している携帯電話市場の1つであるインドでのシェア拡大を目指している。写真はニューデリーで昨年4月撮影(2017年 ロイター/Anindito Mukerjee)

[ムンバイ 18日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は、インド南部ベンガルールの契約メーカーの工場で、廉価版「iPhone(アイフォーン)SE」の組み立てを開始した。アップルは中国での販売が減速する中、世界で最も急速に成長している携帯電話市場の1つであるインドでのシェア拡大を目指している。

アップルは声明で「ベンガルールでアイフォーンSEの初期的な生産を開始した」と発表。今月中にインド国内で発売する、としている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。