多量のカフェインを短時間に摂取すると死ぬ

米少年死亡を受けて呼び掛け

 5月17日、米サウスカロライナ州コロンビアで16歳の男子高校生が短時間に多量のカフェインを取ったことが原因で死亡していたことが分かった。ブリュッセルで1日撮影(2017年 ロイター/ERIC VIDAL)

[17日 ロイター] - 米サウスカロライナ州コロンビアで、16歳の男子高校生が短時間に多量のカフェインを取ったことが原因で死亡したと、検視官が明らかにした。

この少年は先月、大手ファストフードチェーンのラテ、炭酸飲料マウンテンデューのラージサイズ、高カフェインのエネルギードリンクを2時間以内に摂取した後、体調を崩したという。

同州リッチランド郡のゲーリー・ワッツ検視官は、カフェインの影響で不整脈を引き起こしたのではないかとの見方を示した。

少年は健康状態に問題はなく、心臓に疾患があると診断されたこともなかったという。

ワッツ氏は、アルコールと同じようにカフェインの摂取にも注意を払うべきだと呼び掛けた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT