日経平均は4日続落、連日で年初来安値更新

地政学リスクを意識、実質の商いも閑散

 4月14日、東京株式市場で日経平均は4日続落。終値での年初来安値を更新し、昨年12月5日以来の安値で引けた。写真は東京証券取引所で2012年4月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 14日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は4日続落。終値での年初来安値を更新し、昨年12月5日以来の安値で引けた。寄り付きはオプション4月物の特別清算指数(SQ)算出に伴う需給要因で買い優勢となり、前日比105円高で始まったが、まもなくマイナス圏に転落した。

ドル安・円高は一服したものの、米軍のアフガニスタン空爆で地政学リスクが意識された。イースター休暇を控え海外勢の動きが鈍る中、大引けにかけては換金売りが優勢だった。

東証1部の売買代金は約2兆円にとどまり、SQ絡みの売買を除くと実質ベースの商いは閑散だった。セクター別では電気・ガス、鉱業、パルプ・紙が安く、鉄鋼、不動産、輸送用機器が上昇率の上位に並んだ。トヨタ<7203.T>、ファーストリテ<9983.T>などが買われて指数を支えたが、市場全体のエネルギーが乏しく底入れ感は出なかった。市場では「主力株の一角には売り方の買い戻しも入ったが、中東、北朝鮮情勢が緊迫度を増し、地政学リスクが高まる中、積極的に買い向かう投資家は不在だった」(SMBC日興証券投資情報部部長の太田千尋氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、松屋<8237.T>が大幅続落。同社が13日に発表した2017年2月期の連結業績で、純利益が前年比34.7%減の7億7300万円となったことが嫌気された。インバウンド消費の落ち込みなどが響いた。半面、ベルシステム24ホールディングス<6183.T>は続伸。同社は13日、2018年2月期の連結営業利益が前年比13.8%増の93億円になるとの見通しを発表した。利益回復予想を好感する買いが入った。

東証1部騰落数は、値上がり359銘柄に対し、値下がりが1559銘柄、変わらずが97銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      18335.63 -91.21

寄り付き    18531.91

安値/高値   18285.73─18531.91

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1459.07 -9.24

寄り付き     1466.79

安値/高値    1456.18─1466.79

 

東証出来高(万株) 183885

東証売買代金(億円) 20247.62

 

 

 

(河口浩一)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT