ドル上昇、ダドリー連銀総裁発言など材料視

資産縮小は利上げサイクル遅れにつながらず

 4月7日、NY外為市場でドルが上昇。FRBが保有するバランスシートの縮小計画が利上げサイクルの大幅な遅れにはつながらない、とのダドリー米ニューヨーク連銀総裁発言が材料となった(2017年 ロイター/Kham)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが上昇。米連邦準備理事会(FRB)が保有するバランスシートの縮小計画が利上げサイクルの大幅な遅れにはつながらない、とのダドリー米ニューヨーク連銀総裁発言が材料となった。

総裁は、4兆5000億ドル規模の債券ポートフォリオを縮小しても、利上げへの影響は単なる「小休止」にとどまるとの見方を示した。金融政策手段としてはあくまでも金利が先で、バランスシートの「段階的な」縮小ではないとも述べた。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス(ワシントン)のシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「総裁発言がドルへの追い風となった。総裁は、バランスシートが縮小すれば利上げは著しく休止するとの見方を和らげた」と述べた。

投資家は引き続き年内あと2回の利上げを予想しているが、金利先物が織り込む6月利上げの確率は前日終盤の70%超から61%に後退した。

ドル指数<.DXY>は一時3週間ぶり高値となる101.26をつけ、その後は0.5%高の101.16で推移。ドルは対円<JPY=>で0.3%高の111.16円、対ユーロ<EUR=>で0.5%高の1.0587ドル。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT