ドル上昇、ダドリー連銀総裁発言など材料視

資産縮小は利上げサイクル遅れにつながらず

 4月7日、NY外為市場でドルが上昇。FRBが保有するバランスシートの縮小計画が利上げサイクルの大幅な遅れにはつながらない、とのダドリー米ニューヨーク連銀総裁発言が材料となった(2017年 ロイター/Kham)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが上昇。米連邦準備理事会(FRB)が保有するバランスシートの縮小計画が利上げサイクルの大幅な遅れにはつながらない、とのダドリー米ニューヨーク連銀総裁発言が材料となった。

総裁は、4兆5000億ドル規模の債券ポートフォリオを縮小しても、利上げへの影響は単なる「小休止」にとどまるとの見方を示した。金融政策手段としてはあくまでも金利が先で、バランスシートの「段階的な」縮小ではないとも述べた。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス(ワシントン)のシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「総裁発言がドルへの追い風となった。総裁は、バランスシートが縮小すれば利上げは著しく休止するとの見方を和らげた」と述べた。

投資家は引き続き年内あと2回の利上げを予想しているが、金利先物が織り込む6月利上げの確率は前日終盤の70%超から61%に後退した。

ドル指数<.DXY>は一時3週間ぶり高値となる101.26をつけ、その後は0.5%高の101.16で推移。ドルは対円<JPY=>で0.3%高の111.16円、対ユーロ<EUR=>で0.5%高の1.0587ドル。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。