大粒ダイヤ、香港で過去最高額78億円で落札

59.60カラットの大粒ダイヤモンド

 4月4日、香港で、59.60カラットの大粒ダイヤモンド「ピンクスター」のオークションが行われ、電話入札者3社による5分間におよぶ競りの結果、宝飾品販売の周大福珠宝が過去最高額の7120万ドル(78.8億円)で落札した。写真は先月20日撮影(2017年 ロイター/Toby Melville)

[香港 4日 ロイター] - 香港で4日、59.60カラットの大粒ダイヤモンド「ピンクスター」のオークションが行われ、電話入札の3社の5分間におよぶ競りの結果、宝飾品販売の周大福珠宝が過去最高額の7120万ドル(78.8億円)で落札した。

競売大手サザビーズによると、このダイヤは米国宝石学会(GIA)がこれまでに鑑定した内部に傷がなく(インターナル・フローレス)、鮮やかなピンク色(ファンシー・ビビッド)の等級を持つダイヤとしては最大のもの。

2013年11月のジュネーブでのオークションで、史上最高額の8300万ドルで落札されたが、買い手のニューヨークの有名なダイヤモンド研磨業者アイザック・ウルフ氏が支払えなかったため、再度競売にかけられた。

サザビーズ・アジアのパティ・ウォン氏は「今回競り合った3社とも、前回のオークションにも参加していた。長い関係を持つ入札者たちで支払い能力は信頼している。まったく懸念していない」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。