大粒ダイヤ、香港で過去最高額78億円で落札

59.60カラットの大粒ダイヤモンド

 4月4日、香港で、59.60カラットの大粒ダイヤモンド「ピンクスター」のオークションが行われ、電話入札者3社による5分間におよぶ競りの結果、宝飾品販売の周大福珠宝が過去最高額の7120万ドル(78.8億円)で落札した。写真は先月20日撮影(2017年 ロイター/Toby Melville)

[香港 4日 ロイター] - 香港で4日、59.60カラットの大粒ダイヤモンド「ピンクスター」のオークションが行われ、電話入札の3社の5分間におよぶ競りの結果、宝飾品販売の周大福珠宝が過去最高額の7120万ドル(78.8億円)で落札した。

競売大手サザビーズによると、このダイヤは米国宝石学会(GIA)がこれまでに鑑定した内部に傷がなく(インターナル・フローレス)、鮮やかなピンク色(ファンシー・ビビッド)の等級を持つダイヤとしては最大のもの。

2013年11月のジュネーブでのオークションで、史上最高額の8300万ドルで落札されたが、買い手のニューヨークの有名なダイヤモンド研磨業者アイザック・ウルフ氏が支払えなかったため、再度競売にかけられた。

サザビーズ・アジアのパティ・ウォン氏は「今回競り合った3社とも、前回のオークションにも参加していた。長い関係を持つ入札者たちで支払い能力は信頼している。まったく懸念していない」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。