米インフラ計画、規模は1兆ドル上回る可能性

財界首脳50人を招き開いた会合で大統領言明

4月4日、トランプ米大統領はインフラ整備計画の規模が1兆ドルを超える可能性があるとの考えを示した。ホワイトハウスに財界首脳50人を招き開いた会合で述べた。写真は同日、ワシントンでタウンホール会合に出席したトランプ氏(2017年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ米大統領は4日、インフラ整備計画の規模が1兆ドルを超える可能性があるとの考えを示した。ホワイトハウスに財界首脳50人を招き開いた会合で述べた。

行政手続きを簡素化して計画の承認を加速するとしたが、原資の手当てなどを含め詳細は明らかにしなかった。

高速道路建設には多くの承認が必要で、10─20年を要する可能性があるため、手続きを迅速化すると表明。また90日以内に開始できないプロジェクトには資金を拠出しないとした。

チャオ運輸長官は、トランプ政権は関連法案を5月に公表する見通しと述べた。

政権は配電網や水道システムの改善、空港・橋・道路などの修復を目指すとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT