米インフラ計画、規模は1兆ドル上回る可能性

財界首脳50人を招き開いた会合で大統領言明

4月4日、トランプ米大統領はインフラ整備計画の規模が1兆ドルを超える可能性があるとの考えを示した。ホワイトハウスに財界首脳50人を招き開いた会合で述べた。写真は同日、ワシントンでタウンホール会合に出席したトランプ氏(2017年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ米大統領は4日、インフラ整備計画の規模が1兆ドルを超える可能性があるとの考えを示した。ホワイトハウスに財界首脳50人を招き開いた会合で述べた。

行政手続きを簡素化して計画の承認を加速するとしたが、原資の手当てなどを含め詳細は明らかにしなかった。

高速道路建設には多くの承認が必要で、10─20年を要する可能性があるため、手続きを迅速化すると表明。また90日以内に開始できないプロジェクトには資金を拠出しないとした。

チャオ運輸長官は、トランプ政権は関連法案を5月に公表する見通しと述べた。

政権は配電網や水道システムの改善、空港・橋・道路などの修復を目指すとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT