米インフラ計画、規模は1兆ドル上回る可能性

財界首脳50人を招き開いた会合で大統領言明

4月4日、トランプ米大統領はインフラ整備計画の規模が1兆ドルを超える可能性があるとの考えを示した。ホワイトハウスに財界首脳50人を招き開いた会合で述べた。写真は同日、ワシントンでタウンホール会合に出席したトランプ氏(2017年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ米大統領は4日、インフラ整備計画の規模が1兆ドルを超える可能性があるとの考えを示した。ホワイトハウスに財界首脳50人を招き開いた会合で述べた。

行政手続きを簡素化して計画の承認を加速するとしたが、原資の手当てなどを含め詳細は明らかにしなかった。

高速道路建設には多くの承認が必要で、10─20年を要する可能性があるため、手続きを迅速化すると表明。また90日以内に開始できないプロジェクトには資金を拠出しないとした。

チャオ運輸長官は、トランプ政権は関連法案を5月に公表する見通しと述べた。

政権は配電網や水道システムの改善、空港・橋・道路などの修復を目指すとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング