レイプ犯を撃退した女性が叫んだフレーズ

「きょうは駄目」(not today)と護身術

 3月28日、米シアトルで、自分をレイプしようとした男を撃退した36歳の女性が火付け役となり、女性向け護身術講座の人気が急上昇している(2018年 ロイター/Jason Redmond)

[シアトル 28日 ロイター] - 米ワシントン州のシアトルで、自分をレイプしようとした男を撃退した36歳の女性が火付け役となり、女性向け護身術講座の人気が急上昇している。

この女性、ケリー・ヘロンさんは、職場で護身術の研修を受講してから3週間後、マラソンの練習中に公衆トイレを利用した際、物影から現れた男に押し倒されて性的暴行を受けそうになった。顔や腕に軽傷を負いながらも、パンチやひっかきで応戦してトイレ内に男を閉じ込め、逮捕につなげたという。

not todayが人気フレーズに

ヘロンさんが受講した講座を開設している空手・キックボクシングスクールのオーナーによると、この武勇伝が報じられてから異例の数の女性が殺到。インターネットでの検索は10倍に増加した。

応戦の際にヘロンさんが叫んでいた「きょうは駄目」(not today)は人気のフレーズとなった。ヘロンさんは「講座を受講しなかったとしてもそう叫んだと思うが、護身術は講座の収穫だった」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。