レイプ犯を撃退した女性が叫んだフレーズ

「きょうは駄目」(not today)と護身術

 3月28日、米シアトルで、自分をレイプしようとした男を撃退した36歳の女性が火付け役となり、女性向け護身術講座の人気が急上昇している(2018年 ロイター/Jason Redmond)

[シアトル 28日 ロイター] - 米ワシントン州のシアトルで、自分をレイプしようとした男を撃退した36歳の女性が火付け役となり、女性向け護身術講座の人気が急上昇している。

この女性、ケリー・ヘロンさんは、職場で護身術の研修を受講してから3週間後、マラソンの練習中に公衆トイレを利用した際、物影から現れた男に押し倒されて性的暴行を受けそうになった。顔や腕に軽傷を負いながらも、パンチやひっかきで応戦してトイレ内に男を閉じ込め、逮捕につなげたという。

not todayが人気フレーズに

ヘロンさんが受講した講座を開設している空手・キックボクシングスクールのオーナーによると、この武勇伝が報じられてから異例の数の女性が殺到。インターネットでの検索は10倍に増加した。

応戦の際にヘロンさんが叫んでいた「きょうは駄目」(not today)は人気のフレーズとなった。ヘロンさんは「講座を受講しなかったとしてもそう叫んだと思うが、護身術は講座の収穫だった」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT