WBC準決勝、侍ジャパンは米国に1─2で惜敗

22日の決勝は米国vsプエルトリコに

 3月21日、野球の国・地域別対抗戦、第4回WBC準決勝で、日本は米国に1─2で敗れて決勝進出を逃した。写真は勝利を喜ぶ米国代表チーム(2017年 ロイター/USA TODAY Sports)

[21日 ロイター] - 野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝が21日、ドジャースタジアム(ロサンゼルス)で行われ、日本は米国に1─2で敗れて決勝進出を逃した。

日本は四回に二塁・菊池涼介の失策からマカチェンに適時打を許して1点を先制されたが、六回に菊池の本塁打で同点に追いついた。

米国は八回1死二、三塁の場面で、A・ジョーンズの三塁ゴロの間に追加点を挙げて勝ち越し、そのまま逃げ切った。

この結果、22日の決勝ではプエルトリコと米国が対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。