米銀行家D・ロックフェラー氏死去、101歳

同氏の資産は17年3月時点で推定33億ドル

 3月20日、米大富豪で慈善家としても知られるデービッド・ロックフェラー氏(写真左)が20日、ニューヨーク郊外の自宅で心不全のため死去した。101歳だった。写真はニューヨークで2003年10月撮影(2017年 ロイター/Jeff Christensen)

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米大富豪で慈善家としても知られるデービッド・ロックフェラー氏が20日、ニューヨーク郊外の自宅で心不全のため死去した。101歳だった。ロックフェラー家の報道担当者が明らかにした。「眠るように安らかな最期」だったという。

ニューヨークのロックフェラー・センターを作ったジョン・ロックフェラー2世の息子で、スタンダード・オイルを創業した石油王ジョン・ロックフェラーの唯一生存する孫だった。

マンハッタンに生まれ、1936年にハーバード大を卒業。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学んだ後、1940年にシカゴ大学で経済学の博士号を取得。1969年から1981年まで、米銀大手チェース・マンハッタン(現JPモルガン・チェース)の会長を務め、各国政府や多戸籍企業との密接な関係を築いた。

米フォーブス誌によると、同氏の資産は2017年3月時点で推定33億ドル。ニューヨーク近代美術館やロックフェラー大学などに、生涯で20億ドル近くを寄付したと報じられている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。