なぜ米国の小型株上昇は限定的なのか

米国の小型株は減税の信頼度を測る「物差し」

 3月17日、17日までの週の米株式市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げペースにハト派的な姿勢が示されたことで小型株が上昇した。ただ長期的には、大型株を上回るパフォーマンスは難しいとみられている。写真はニューヨーク証券取引所、8日撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[17日 ロイター] - 17日までの週の米株式市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げペースにハト派的な姿勢が示されたことで小型株が上昇した。ただ長期的には、大型株を上回るパフォーマンスは難しいとみられている。

これまで小型株は、トランプ大統領の規制緩和や減税の恩恵が大きいとの見方で上昇してきた。

ただ今投資家の間では、小型株は割高との声が聞かれる。

ジェフリーズの株式ストラテジスト、スティーブ・デサンクティス氏は「小型株は、利益の伸びを示す必要がある」と指摘した。

トムソン・ロイターのデータによると、小型株の動きを反映するS&P総合600種指数<.SPCY>採用銘柄の第4・四半期利益は前年比で1.0%減。これに対し、S&P総合500種指数<.SPX>は7.8%増となっている。

今年第1・四半期はS&P600企業の増益が予想されているが、伸びはS&P500企業を大幅に下回る見込み。

また減税についても、今後数カ月は実現しない見込みで、来年になるとも見方もある。

ニューヨークを拠点とする証券会社コンバージェックスのチーフマーケットストラテジスト、ニコラス・コラス氏は「法人税の負担は総じて小規模企業の方が大きい。小型株は、減税への信頼をはかる物差しのようにとらえることができる」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT