トヨタ、イギリス工場に2.4億ポンド投資へ

中型車アベンシスや小型車オーリスを生産

 3月16日、トヨタ自動車の欧州部門の最高経営責任者(CEO)を務めるヨハン・ファンゼイル氏は、2億4000万ポンド(2億9400万ドル)を投じて英国のバーナストン工場で新しい車台をベースにした自動車を生産することを明らかにした。写真はトヨタのロゴ。2月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ロンドン 16日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>欧州部門の最高経営責任者(CEO)を務めるヨハン・ファンゼイル氏は、2億4000万ポンド(2億9400万ドル)を投じて英国のバーナストン工場で新しい車台をベースにした自動車を生産することを明らかにした。

同CEOは「バーナストン工場の競争力を高めるためにわれわれが最善を尽くしていることを今回の投資は示している」と述べ、英国が欧州連合(EU)を離脱するにあたって、引き続き欧州単一市場に非関税でアクセスできることが重要と指摘した。

トヨタは現在同工場で中型車「アベンシス」や小型車「オーリス」を生産している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT