トヨタ、イギリス工場に2.4億ポンド投資へ

中型車アベンシスや小型車オーリスを生産

 3月16日、トヨタ自動車の欧州部門の最高経営責任者(CEO)を務めるヨハン・ファンゼイル氏は、2億4000万ポンド(2億9400万ドル)を投じて英国のバーナストン工場で新しい車台をベースにした自動車を生産することを明らかにした。写真はトヨタのロゴ。2月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ロンドン 16日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>欧州部門の最高経営責任者(CEO)を務めるヨハン・ファンゼイル氏は、2億4000万ポンド(2億9400万ドル)を投じて英国のバーナストン工場で新しい車台をベースにした自動車を生産することを明らかにした。

同CEOは「バーナストン工場の競争力を高めるためにわれわれが最善を尽くしていることを今回の投資は示している」と述べ、英国が欧州連合(EU)を離脱するにあたって、引き続き欧州単一市場に非関税でアクセスできることが重要と指摘した。

トヨタは現在同工場で中型車「アベンシス」や小型車「オーリス」を生産している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。