トヨタ、イギリス工場に2.4億ポンド投資へ

中型車アベンシスや小型車オーリスを生産

 3月16日、トヨタ自動車の欧州部門の最高経営責任者(CEO)を務めるヨハン・ファンゼイル氏は、2億4000万ポンド(2億9400万ドル)を投じて英国のバーナストン工場で新しい車台をベースにした自動車を生産することを明らかにした。写真はトヨタのロゴ。2月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ロンドン 16日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>欧州部門の最高経営責任者(CEO)を務めるヨハン・ファンゼイル氏は、2億4000万ポンド(2億9400万ドル)を投じて英国のバーナストン工場で新しい車台をベースにした自動車を生産することを明らかにした。

同CEOは「バーナストン工場の競争力を高めるためにわれわれが最善を尽くしていることを今回の投資は示している」と述べ、英国が欧州連合(EU)を離脱するにあたって、引き続き欧州単一市場に非関税でアクセスできることが重要と指摘した。

トヨタは現在同工場で中型車「アベンシス」や小型車「オーリス」を生産している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。