振り込め詐欺が「高齢者と女性」を狙う理由

「新たな手口」は、どんどん出てきている

「ニセ電話詐欺」は大変ワリのいい儲け話

「オレオレ詐欺」「母さん助けて詐欺」など、さまざまな呼び名がある新手の「ニセ電話詐欺」。なぜこれほどまでに被害金額がふくらんでいるのでしょうか? 

犯行グループから見れば、「ニセ電話詐欺」は大変ワリのいい儲け話といえます。なぜなら、電話をするだけで多額のおカネが手に入るからです。1日に何百件もかけるとしても、そのうち1件でもだますことができれば、しめたものです。つまり、犯人にとってはローリスク・ハイリターンの「オイシイ仕事」というわけです。

次ページ「ニセ電話詐欺」の典型的な手口は3つある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?