「X JAPAN」のロンドン公演にファン歓喜

映画も公開中

 3月7日、ロンドンのSSEアリーナ・ウェンブリーで4日、ロックバンド「X JAPAN」が公演を行い、集まった多くのファンを沸かせた。ロンドンでは、同バンドのドキュメンタリー映画「We Are X」も公開されている。写真はロイタービデオの映像から(2017年 ロイター)

[ロンドン 7日 ロイター] - ロンドンのSSEアリーナ・ウェンブリーで4日、ロックバンド「X JAPAN」が公演を行い、集まった多くのファンを沸かせた。ロンドンでは、同バンドのドキュメンタリー映画「We Are X」も公開されている。

「電流のようなものが脊髄を流れたように感じる。彼らの音楽を聴く度に、ほぼ毎回叫んでいる」と、スペイン人のファンは同アリーナの外で語った。

「私は、非常に自殺願望が強かった。今もそうかもしれない。ステージでは自分自身を殺しそうになる。明日はなく、今日が生きることのできる最後の日であるかのように、全てのエネルギーを注ぎ込む」と、同バンドのメンバー、YOSHIKIはロイターに語った。

YOSHIKIは現在、米ミュージシャンのマリリン・マンソンと新曲づくりに取り組んでいるという。X JAPANは約20年ぶりとなるアルバム発売に向け、準備を進めている。

「We Are X」は、昨年10月の米ロサンゼルスに続き、先月ロンドンでプレミア上映され、2日から公開されている。米サンダンス映画祭やSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)映画祭、ロンドン映画祭などに出品され、多くの賞を獲得している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT