「X JAPAN」のロンドン公演にファン歓喜

映画も公開中

 3月7日、ロンドンのSSEアリーナ・ウェンブリーで4日、ロックバンド「X JAPAN」が公演を行い、集まった多くのファンを沸かせた。ロンドンでは、同バンドのドキュメンタリー映画「We Are X」も公開されている。写真はロイタービデオの映像から(2017年 ロイター)

[ロンドン 7日 ロイター] - ロンドンのSSEアリーナ・ウェンブリーで4日、ロックバンド「X JAPAN」が公演を行い、集まった多くのファンを沸かせた。ロンドンでは、同バンドのドキュメンタリー映画「We Are X」も公開されている。

「電流のようなものが脊髄を流れたように感じる。彼らの音楽を聴く度に、ほぼ毎回叫んでいる」と、スペイン人のファンは同アリーナの外で語った。

「私は、非常に自殺願望が強かった。今もそうかもしれない。ステージでは自分自身を殺しそうになる。明日はなく、今日が生きることのできる最後の日であるかのように、全てのエネルギーを注ぎ込む」と、同バンドのメンバー、YOSHIKIはロイターに語った。

YOSHIKIは現在、米ミュージシャンのマリリン・マンソンと新曲づくりに取り組んでいるという。X JAPANは約20年ぶりとなるアルバム発売に向け、準備を進めている。

「We Are X」は、昨年10月の米ロサンゼルスに続き、先月ロンドンでプレミア上映され、2日から公開されている。米サンダンス映画祭やSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)映画祭、ロンドン映画祭などに出品され、多くの賞を獲得している。

人気記事
トピックボードAD
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。