寄り付きの日経平均は反落、円安一服が重し

米国株は最高値でも、日本株はもう一つ

 2月16日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前日比6円37銭安の1万9431円61銭となり、反落して始まった。写真は東証で昨年11月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 16日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前日比6円37銭安の1万9431円61銭となり、反落して始まった。米国株式市場では主要3指数が過去最高値を更新したが、為替が1ドル114円台前半と円安が一服しており、主力輸出株の重しとなっている。

トヨタ<7203.T>、ホンダ<7267.T>など自動車株の一角は軟調な滑り出しとなっている。

業種別では、石油・石炭、保険、金属製品がしっかり。半面、パルプ・紙、水産・農林、海運は安い。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。