ロッテの中国でのプロジェクト建設が中断

韓国の「防衛ミサイル配備決定」が影響か

 2月8日、韓国のロッテグループは、中国北東部の瀋陽で計画中の大規模開発プロジェクトについて、中国当局が消防検査の後に建設を中断させたことを明らかにした。写真はソウルで昨年6月撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 8日 ロイター] - 韓国のロッテグループは、中国北東部の瀋陽で計画中の大規模開発プロジェクトについて、中国当局が消防検査の後に建設を中断させたことを明らかにした。

韓国メディアは、ロッテの中国合弁事業に対する一連の検査は、政府の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定に対する報復と報じている。THAADの配備予定地は、現在ロッテが所有するゴルフコースの一部にあたる。

状況に詳しいある関係者によると、昨年12月以来、中国当局は約120の小売店を含むロッテの中国拠点の大半で消防検査や設備検査、税務調査を実施している。

報復措置を懸念した韓国政府は先月、中国で韓国企業が直面する問題解決に向け、中国との関係改善に努める方針を明らかにした。

中国外務省は8日、コメント要請に応じていない。

ロッテによると、建設は12月に中断され、現在問題解決に向け取り組んでいるところ。

THAAD配備予定地と代替地との交換については、ロッテのグループ企業の取締役会承認が必要とされている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT