ロッテの中国でのプロジェクト建設が中断

韓国の「防衛ミサイル配備決定」が影響か

 2月8日、韓国のロッテグループは、中国北東部の瀋陽で計画中の大規模開発プロジェクトについて、中国当局が消防検査の後に建設を中断させたことを明らかにした。写真はソウルで昨年6月撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 8日 ロイター] - 韓国のロッテグループは、中国北東部の瀋陽で計画中の大規模開発プロジェクトについて、中国当局が消防検査の後に建設を中断させたことを明らかにした。

韓国メディアは、ロッテの中国合弁事業に対する一連の検査は、政府の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定に対する報復と報じている。THAADの配備予定地は、現在ロッテが所有するゴルフコースの一部にあたる。

状況に詳しいある関係者によると、昨年12月以来、中国当局は約120の小売店を含むロッテの中国拠点の大半で消防検査や設備検査、税務調査を実施している。

報復措置を懸念した韓国政府は先月、中国で韓国企業が直面する問題解決に向け、中国との関係改善に努める方針を明らかにした。

中国外務省は8日、コメント要請に応じていない。

ロッテによると、建設は12月に中断され、現在問題解決に向け取り組んでいるところ。

THAAD配備予定地と代替地との交換については、ロッテのグループ企業の取締役会承認が必要とされている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。