大調査!親世代とこんなに違う、若者の恋愛観

恋愛が面倒なのは「自分の時間が大事」だから

親世代が若い頃の「普通」は、もう通用しません(写真:Ushico / PIXTA)
「最近の若者は恋愛しない」「男子が草食化している」――。今や自明の理のようにいわれるこの認識。はたして、今の若者は親たちが若かったころと比べて本当に恋愛しなくなっているのでしょうか。本当だとしたら、なぜ恋愛をしないのでしょうか。
今回、明治安田生活福祉研究所ときんざいが共同で行った調査結果(「親子の関係についての意識と実態に関する調査」)から、未婚の10代後半~20代の若者(以下、親との対比においては「子ども」と表記)の恋愛意識の実態を浮き彫りにします。

 「恋愛に積極的」な子は親より大幅減

まず、恋愛へのスタンスについて35~59歳の親と、15~29歳の子どもとの比較をしてみましょう。男性では、「恋愛に積極・能動的」と答えた子どもは18.0%。親(自分が20歳前後のころを思い出して回答。以下同じ)の40.5%よりも22.5ポイント低くなっています。女性の場合も同様で、子どもは23.2%で、親の36.4%よりも13.2ポイント低くなっています。

対照的に、「恋愛に消極・受動的」「恋愛に興味がない」と答えた人の割合は、男女ともに子どものほうが高くなっています。男女で比べると、特に男性のほうで親と子どもの差が大きくなっており、“草食系男子”がクローズアップされる背景がうかがえます。

次ページグループ内恋愛はOK?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。