大調査!親世代とこんなに違う、若者の恋愛観

恋愛が面倒なのは「自分の時間が大事」だから

親世代が若い頃の「普通」は、もう通用しません(写真:Ushico / PIXTA)
「最近の若者は恋愛しない」「男子が草食化している」――。今や自明の理のようにいわれるこの認識。はたして、今の若者は親たちが若かったころと比べて本当に恋愛しなくなっているのでしょうか。本当だとしたら、なぜ恋愛をしないのでしょうか。
今回、明治安田生活福祉研究所ときんざいが共同で行った調査結果(「親子の関係についての意識と実態に関する調査」)から、未婚の10代後半~20代の若者(以下、親との対比においては「子ども」と表記)の恋愛意識の実態を浮き彫りにします。

 「恋愛に積極的」な子は親より大幅減

まず、恋愛へのスタンスについて35~59歳の親と、15~29歳の子どもとの比較をしてみましょう。男性では、「恋愛に積極・能動的」と答えた子どもは18.0%。親(自分が20歳前後のころを思い出して回答。以下同じ)の40.5%よりも22.5ポイント低くなっています。女性の場合も同様で、子どもは23.2%で、親の36.4%よりも13.2ポイント低くなっています。

対照的に、「恋愛に消極・受動的」「恋愛に興味がない」と答えた人の割合は、男女ともに子どものほうが高くなっています。男女で比べると、特に男性のほうで親と子どもの差が大きくなっており、“草食系男子”がクローズアップされる背景がうかがえます。

次ページグループ内恋愛はOK?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT