トヨタ自動車、通期の営業益予想を上方修正

市場予想の営業利益2兆0160億円には届かず

 2月6日、トヨタ自動車は2017年3月期連結業績予想(米国会計基準)を上方修正した。会見した大竹哲也常務役員(写真左)は「米政権の影響を現時点で見通すことは難しい」と指摘した(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 6日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は6日、2017年3月期連結業績予想(米国会計基準)を上方修正した。想定為替レートを円安方向に見直したことなどを反映させた。ただ、前年に比べると引き続き円高水準にあるため、減益予想に変わりはない。

減益幅が縮小

営業利益予想は前年比35.2%減の1兆8500億円に引き上げた。通期の想定為替レートを1ドル103円から107円に、1ユーロ114円から118円に変更したことや原価改善が減益幅縮小に寄与する。

ただ、金融事業の損益悪化や想定為替レート見直しによる円ベースのコスト増などもあり、上積み額は1500億円にとどめた。

会社予想はトムソン・ロイターがまとめたアナリスト25人の予想平均2兆0160億円に届かなかった。

想定為替レートの見直しなどを受け、売上高予想も前年比6.7%減の26兆5000億円(従来26兆円)に上方修正した。

2016年4─12月期は売上高が前年比6.0%減の20兆1547億円、営業利益が同32.5%減の1兆5554億円だった。

次ページ米生産体制に大きな変化なし
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT