三井住友銀「東芝を可能な限りサポート」

国部頭取がメインバンクとしての姿勢説明

[東京 19日 ロイター] - 三井住友銀行の国部毅頭取は19日、東芝<6502.T>が原発関連で巨額損失を計上する可能性があることについて「メインバンクとして、可能な限りサポートする」との考えを表明した。

同日開かれた全国銀行協会会長会見で述べた。国部頭取は、東芝について「東芝が減損額を精査していると聞いており、具体的な金額が明らかになったところで、東芝の対応策をうかがい、今後の対応を協議したい」と説明した。

現時点で、東芝から最終的な損失計上額の報告は来ていないという。

*写真を追加しました。

人気記事
トピックボードAD
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。