アマゾン、米国内で10万人超の雇用創出へ

2018年半ばまでに米の正社員は28万人超に

 1月12日、米アマゾン・ドット・コムは、今後1年半で米国内に正規社員10万人超の雇用を創出すると発表した。写真はカリフォルニア州の配送センターで昨年11月撮影(2017年 ロイター/Noah Berger)

[ニューヨーク/ワシントン 12日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は12日、今後1年半で米国内に正規社員10万人超の雇用を創出すると発表した。

2016年に18万人だった米国内の正規社員を18年半ばまでに28万人超に拡大するという。

ベゾス最高経営責任者(CEO)は声明で「新たに創出する雇用は本社のあるシアトルおよびシリコンバレーのみにとどまらず、顧客サービス関連や物流センターなど、全米にわたる」と述べた。

アマゾンは顧客への迅速かつ低コストでの商品配送を目指し、物流センターの増設に力を入れている。

今回の人員増強は、注文から2日以内の配送を保証するプライム会員向けのサービス提供で大きな役割を果たすとみられる。

物流コンサルティング会社MWPVLインターナショナルによると、米国の少なくとも16カ所の物流センターで年内あるいは来年のサービス開始を目指して準備が進んでいる。ヒューストンなど人口の多い都心部にも初めて拠点を開設するという。

アマゾンはどの部署で最も多く雇用するかについて言及しなかった。

ベアード・エクイティ・リサーチのアナリストは「雇用計画を発表するタイミングやその内容に政治的な意味合いも一部含まれるかもしれないが、アマゾンにとって明るいシグナル」との見方を示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT