マックが中国事業を最大21億ドルで売却へ

CITIC(中国中信)とカーライルに

 1月9日、米ファストフード大手のマクドナルドは、中国本土および香港事業の大半を中国の国有複合企業、中国中信(CITIC)とプライベート・エクイティの米カーライル・グループに最大21億ドルで売却することで合意した。中国深セン市で2013年3月撮影(2017年 ロイター/Bobby Yip)

[香港 9日 ロイター] - 米ファストフード大手のマクドナルド<MCD.N>は、中国本土および香港事業の大半を中国の国有複合企業、中国中信(CITIC)<0267.HK>とプライベート・エクイティ(PE)の米カーライル・グループ<CG.O>に最大21億ドルで売却することで合意した。

関係筋が昨年12月に明らかにしたところによると、マクドナルドは当初、同事業を売却し、最大30億ドル調達することを計画していたが、中国での事業拡大を見込み、少数株式は保有し続けることを決めた。

香港上場のCITICは同事業の約32%の株式を取得し、系列のCITICキャピタルは20%取得する。カーライルは28%取得し、残りの20%をマクドナルドが継続保有する。

マクドナルドは昨年3月、アジア事業を再編する方針を発表。中国、香港、および韓国で提携先を模索していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。