マックが中国事業を最大21億ドルで売却へ

CITIC(中国中信)とカーライルに

 1月9日、米ファストフード大手のマクドナルドは、中国本土および香港事業の大半を中国の国有複合企業、中国中信(CITIC)とプライベート・エクイティの米カーライル・グループに最大21億ドルで売却することで合意した。中国深セン市で2013年3月撮影(2017年 ロイター/Bobby Yip)

[香港 9日 ロイター] - 米ファストフード大手のマクドナルド<MCD.N>は、中国本土および香港事業の大半を中国の国有複合企業、中国中信(CITIC)<0267.HK>とプライベート・エクイティ(PE)の米カーライル・グループ<CG.O>に最大21億ドルで売却することで合意した。

関係筋が昨年12月に明らかにしたところによると、マクドナルドは当初、同事業を売却し、最大30億ドル調達することを計画していたが、中国での事業拡大を見込み、少数株式は保有し続けることを決めた。

香港上場のCITICは同事業の約32%の株式を取得し、系列のCITICキャピタルは20%取得する。カーライルは28%取得し、残りの20%をマクドナルドが継続保有する。

マクドナルドは昨年3月、アジア事業を再編する方針を発表。中国、香港、および韓国で提携先を模索していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT