マックが中国事業を最大21億ドルで売却へ

CITIC(中国中信)とカーライルに

 1月9日、米ファストフード大手のマクドナルドは、中国本土および香港事業の大半を中国の国有複合企業、中国中信(CITIC)とプライベート・エクイティの米カーライル・グループに最大21億ドルで売却することで合意した。中国深セン市で2013年3月撮影(2017年 ロイター/Bobby Yip)

[香港 9日 ロイター] - 米ファストフード大手のマクドナルド<MCD.N>は、中国本土および香港事業の大半を中国の国有複合企業、中国中信(CITIC)<0267.HK>とプライベート・エクイティ(PE)の米カーライル・グループ<CG.O>に最大21億ドルで売却することで合意した。

関係筋が昨年12月に明らかにしたところによると、マクドナルドは当初、同事業を売却し、最大30億ドル調達することを計画していたが、中国での事業拡大を見込み、少数株式は保有し続けることを決めた。

香港上場のCITICは同事業の約32%の株式を取得し、系列のCITICキャピタルは20%取得する。カーライルは28%取得し、残りの20%をマクドナルドが継続保有する。

マクドナルドは昨年3月、アジア事業を再編する方針を発表。中国、香港、および韓国で提携先を模索していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。