米スプリント、5000人の雇用を米国に移転へ

2018年3月までに行う計画

 12月28日、トランプ次期米大統領はソフトバンクグループ傘下の米携帯電話大手スプリントが5000人分の雇用を海外から米国に移転させると明らかにした。フロリダ州ボカラトンで3月撮影(2016年 ロイター/CARLO ALLEGRI)

[パームビーチ(米フロリダ州) 28日 ロイター] - トランプ次期米大統領は28日、ソフトバンクグループ<9984.T>傘下の米携帯電話大手スプリント<S.N>が5000人分の雇用を海外から米国に移転させると明らかにした。

また、同じくソフトバンクが出資する米衛星通信ベンチャーのワンウェブが米国内で3000人を採用すると語った。

トランプ氏は記者団に「スプリントの幹部から電話があり、海外から5000人分の雇用を米国に戻すと説明を受けた」と述べた。

スプリントは今年1月、25億ドルのコストカット策の一環として雇用2500人分の削減を発表していた。今回国内に移転する5000人分は営業や顧客対応などで、2018年3月までに行う計画。

ソフトバンクの孫正義社長は今月、トランプ氏とニューヨークで会談し、米国に500億ドルを投資し、5万人の新規雇用を創出すると明らかにしていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT