米スプリント、5000人の雇用を米国に移転へ

2018年3月までに行う計画

 12月28日、トランプ次期米大統領はソフトバンクグループ傘下の米携帯電話大手スプリントが5000人分の雇用を海外から米国に移転させると明らかにした。フロリダ州ボカラトンで3月撮影(2016年 ロイター/CARLO ALLEGRI)

[パームビーチ(米フロリダ州) 28日 ロイター] - トランプ次期米大統領は28日、ソフトバンクグループ<9984.T>傘下の米携帯電話大手スプリント<S.N>が5000人分の雇用を海外から米国に移転させると明らかにした。

また、同じくソフトバンクが出資する米衛星通信ベンチャーのワンウェブが米国内で3000人を採用すると語った。

トランプ氏は記者団に「スプリントの幹部から電話があり、海外から5000人分の雇用を米国に戻すと説明を受けた」と述べた。

スプリントは今年1月、25億ドルのコストカット策の一環として雇用2500人分の削減を発表していた。今回国内に移転する5000人分は営業や顧客対応などで、2018年3月までに行う計画。

ソフトバンクの孫正義社長は今月、トランプ氏とニューヨークで会談し、米国に500億ドルを投資し、5万人の新規雇用を創出すると明らかにしていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT