アップル、EUの一般裁判所に提訴する方針

アイルランド税優遇めぐる追徴課税で

 12月19日、米アップルアイルランド法人への課税をめぐり、欧州連合(EU)が130億ユーロ(138億ドル)の追徴課税を命じた問題で、同社側が今週中にEUの一般裁判所に提訴する方針を示した。写真はサンフランシスコで6月撮影(2016年 ロイター/Stephen Lam)

[クパチーノ(米カリフォルニア州) 19日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>アイルランド法人への課税をめぐり、欧州連合(EU)が130億ユーロ(138億ドル)の追徴課税を命じた問題で、同社側が今週中にEUの一般裁判所に提訴する方針を示した。

EUの反トラスト当局は今年8月、アイルランドにあるアップルの欧州本社に対する課税優遇措置が違法な政府補助に当たると判断。欧州委員会のベステアー委員(競争政策担当)によると、アップルに適用された税率は、2014年時点で0.005%だったという。

これに対し、アップルの法務顧問であるブルース・シーウェル氏と最高財務責任者(CFO)のルカ・マエストリ氏はロイターのインタビューに、EU規制当局が企業関連法を無視し、意図的に最も厳しい罰則を科したとして、一般裁判所に提訴する考えを表明。

シーウェル氏は、アップルに罰則が科されたのは成功した企業だからだとし、「都合の良い標的にされた。なぜなら大きなニュースになるからだ」と訴えた。

欧州委がアイルランド当局から派遣された税務の専門家を相手にしなかったとして、裁判では欧州委が入念な調査を行っていなかったと主張する考えだという。

シーウェル氏はまた、欧州委は米国と他国の税制度の違いに起因する抜け穴を利用しているとし、トランプ次期政権が税制改革を実施することを望むと述べた。

一方、欧州委は追徴課税を命じる決定に至った経緯について詳細を公表した。

その一例として、アップルの税顧問とアイルランド歳入当局者が1990年に開いた会合で、アップルのアイルランド部門が税を支払う適切な利益水準について協議した点に言及。その中でアップルの顧問は上限として3000万─4000万ドルを提示したという。顧問はこの数字の科学的根拠はないと認めながらも、誠実的な提案として受け止められることを望んだとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。