女性下着「トリンプ」に飛び込んだ男性社員

常識を覆すブラジャー、200万枚のヒットに

「折り返しが肌にあたるなあ」ということもないので、肌あたり感も抜群にいいというのがあります。もちろん素材自体も肌触りがとても気持ちがよく、サラサラしていますので、これも「肌あたり感ゼロ」のところには、気にしています。

3つ目の“ゼロ”は「締め付け感ゼロ」。実はこれが一番重要なんです。

――締め付けってどうしてもあるものだと思うし、やはりバストを固定するものだと思うのですが。

やっぱり女性の中で、ブラジャーというものは「締め付け感があって当たり前である」という価値観というか考え方というのが当然、今までの下着だとあるんですけれども、(スロギーは)ワイヤの部分もないですし、最近の「ラクなブラジャー」であるような、例えばアンダーの部分にゴムがついていたりということも一切ないわけですね。

なので、当然体を締め付けてくる要素というのがすべてなくなっているんです。柔らかいこの生地だけで体を包み込まれているような状態になりますから、これだけ伸びる。柔らかく伸びて柔らかく戻りますので、これが「締め付け感がない」を達成しているところになります。

――今回、ヨガをする時に試着したんですけれども、やっぱり締め付け感もないですし、やっぱり伸びるのがスポーツの時にも適しているのかなって思ったんですけれども。

ヨガだと、やっぱりその時はリラックスして気持ちよくいたいし、動きも伸びがあったりすると、動きの機能的な部分もそうですし、気分的にもやっぱり締め付け感がないっていうのは、とても快適に過ごせるので、本当にピッタリしたシーンにはなるかなと思います。

スロギー最大のこだわりは?

――「スロギー ゼロフィール」は今年に入って10月までの時点で100万枚の売り上げを達成したそうですが、横尾さんがこだわったところは、どこにあるんでしょうか。

やっぱり「楽チン系」のラクな下着っていうのは、僕が考えるに、ちょっと世の中の女性にとってネガティブな印象というのがあるなと。いろいろお客様の声とか、女性の声を聞いていると出てきたというところがありましたので、こだわりとしては、どうこれをポジティブに伝えていくのかというところにこだわってきました。

具体的に2つあるんですけれども、1つはやっぱり見た目の部分。「スロギー ゼロフィール」はプリントタイプもありますけれども、カラー自体は現在16色あります。

いわゆる「楽チン系」な下着って、例えばベージュとか黒とか定番的なシンプルな色しかない。見た目も、ちょっと年配の方向けの「デザイン的にどうかな」っていうようなアイテムが世の中に多かったりするんです。

(スロギーは)ルックスもスポーティーな感じで、カラーもこれだけバリエーションがあると、気分的にやっぱり、その下着を着けていても何か心地よくいられる、ちょっと元気になれるというところで、商品上のポジティブさみたいなところも出しています。

2つ目は、これをどういうふうにお客様に伝えるかという時に、「いつものワイヤのついてる下着だと“ちょっとこのシーン気になるな”というシーンのところで使ってね」という提案をしていこうと考えたんですね。

ヨガだったり、家でリラックスをしている時だったり、旅行の時だったり、いろいろ調べていくと、どれも結構自分の時間を楽しんでいるポジティブな時間帯だったりするんです。

なので、そこをお客様に「こういうシーンで使ってみたらどうですか」「こういうシーンで選んで使ってみるのには適してますよ」という伝え方をしていく。

そうすることで、ただ単に女性としてラクな下着をつけると、何となくだらしない体みたいな印象を思ってしまうところを、「あ、これでもいいんだ。これを選んでいる私って、きちんと快適なものをここで使ってるからいいんだ」というふうに思える「肯定感」をきちんと出していこうと。

――それまでの概念を覆すようなものなんですね?

そうなんです。

日テレニュース24の関連記事
トリンプ 男性目線のブランド戦略とは 2
トリンプ 男性目線のブランド戦略とは 3
トリンプ 男性目線のブランド戦略とは 4
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。