パナソニックが背負う 赤字解消の二つの課題

中計達成のカギは「転地」と「脱・自前」

赤字解消のキーワードは「転地」と「脱・自前」だ。

2期連続で7000億円超の巨額最終赤字に沈んだパナソニック。5月末から6月前半にかけ、アナリストやマスコミ向けに説明会を開催し、四つの社内カンパニーのトップが、経営戦略を発表した。

3月末には、津賀一宏社長が全社ベースの3カ年中期計画を発表している。最終年度となる2015年度に、営業利益率5%(12年度2・2%)以上、フリーキャッシュフロー3年累計で6000億円以上といった数値目標を掲げた。テレビ、半導体など赤字事業の止血を打ち出し、自動車や住宅を成長分野と位置づけたが、「戦略に具体性を欠く」との辛口な評価もあった。

そのため今回は、個別事業にまで落とし込んだ戦略が示された。中でも注目が集まったのは、自動車と電子部品を担当するAIS社とテレビなどを担当するAVC社の戦略。両カンパニーは、3年間でそれぞれ1000億円以上の収益改善を見込んでおり、中計達成のカギを握っているからだ。

次ページ供給先と購入元を転換
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。