富士通、半導体リストラで5000人削減

パナソニックとシステムLSI統合へ

「攻めの構造改革で前向きに評価してもらえるようにしたい」。

富士通の山本正已社長は2月7日、東京都内で2013年3月期第3四半期(12年4~12月)決算発表会に臨み、かねてから懸案だった半導体事業についての再編計画を発表した。

不採算のシステムLSI事業はパナソニックと共同で新会社を設立し、事業を統合。日本政策投資銀行に出資を依頼しているところだ。主力の三重工場は、台湾の半導体製造会社、TSMCなどと設立する新会社(年度内にも設置予定)への移管を検討している。

再編計画でインパクトが大きいのは、人員削減策だ。半導体事業の再編に関連して、早期退職などで海外2000人、国内3000人と合計5000人規模を削減。またこれとは別に4500人を、新会社や事業譲渡に伴って転籍することも計画している。

時流に乗れず競争力が低下

半導体業界では「専業化・ファブレス化(工場を持たない)」や「汎用品へのシフト」の流れが進み、韓国や台湾勢が台頭。ルネサスエレクトロニクスやエルピーダメモリが窮したように、富士通もこれに対応できず競争力が低下。抜本的な改革が求められていた。

次ページ業績見通しの下方修正も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT