エッフェル塔近くにロシア正教大聖堂が竣工

竣工式にフランスの閣僚は出席せず

 10月19日、パリのセーヌ川沿いに建設されていたロシア正教会の大聖堂と文化施設で19日、ロシアによる竣工式が行われた。写真は13日撮影(2016年 ロイター/Charles Platiau )

[パリ 19日 ロイター] - パリのセーヌ川沿いに建設されていたロシア正教会の大聖堂と文化施設で19日、ロシアによる竣工式が行われた。プーチン大統領が出席する予定だったが、シリア問題をめぐる両国の対立から訪仏が中止となり、メジンスキー文化相とアレクサンドル・オルロフ駐仏大使が出席した。

フランス側からの閣僚出席はなかった。

エッフェル塔からほど近い場所に位置する大聖堂の隣には、文化センターも併設され、一大複合施設になっている。19世紀末に造られたアレクサンドル3世橋以来、パリに登場したロシアのランドマークとしては最大級となった。

オルロフ大使は、施設が大きすぎるとのパリ市民の不満について質問され、もっと大きく作ることもできたと答えた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT