エッフェル塔近くにロシア正教大聖堂が竣工

竣工式にフランスの閣僚は出席せず

 10月19日、パリのセーヌ川沿いに建設されていたロシア正教会の大聖堂と文化施設で19日、ロシアによる竣工式が行われた。写真は13日撮影(2016年 ロイター/Charles Platiau )

[パリ 19日 ロイター] - パリのセーヌ川沿いに建設されていたロシア正教会の大聖堂と文化施設で19日、ロシアによる竣工式が行われた。プーチン大統領が出席する予定だったが、シリア問題をめぐる両国の対立から訪仏が中止となり、メジンスキー文化相とアレクサンドル・オルロフ駐仏大使が出席した。

フランス側からの閣僚出席はなかった。

エッフェル塔からほど近い場所に位置する大聖堂の隣には、文化センターも併設され、一大複合施設になっている。19世紀末に造られたアレクサンドル3世橋以来、パリに登場したロシアのランドマークとしては最大級となった。

オルロフ大使は、施設が大きすぎるとのパリ市民の不満について質問され、もっと大きく作ることもできたと答えた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT