ドコモが650円の独自スマホ「MONO」投入

スマホシフトを後押し

 10月19日、NTTドコモは同社では初となるオリジナルのスマートフォンを12月上旬に発売すると発表した。都内のイベントで5月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 19日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>は19日、同社では初となるオリジナルのスマートフォンを12月上旬に発売すると発表した。1年間の利用を条件とした端末購入サポートに加入すると、一括650円程度で購入できる。格安スマホでシェアを伸ばしているMVNO(仮想移動体通信事業者)に対抗する。

発売するのは「MONO(モノ)」。製造は中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)<0763.HK><000063.SZ>が担当した。高品質通話の「VoLTE」に対応。1300万画素のカメラや防水機能も備えた。

端末購入サポートに加入しない場合は、3万円程度となる。

国内スマホ市場は成長が鈍化しており、端末ラインアップを充実させることで、MVNOへの流出を食い止めるとともに、スマホへのシフトを後押ししたい考えだ。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT