32歳崖っぷち女子、「婚活デート」でキレた!

東京カレンダー「崖っぷち結婚相談所」<10>

今日はベージュのノースリーブニットに、フレアスカートを合わせ、シンプルに小ぶりのパールのピアスだけを付けていた。家を出る前にチェックした全身鏡には、これ以上ないほど清楚な自分の姿が映っていたことを思い出す。

杏子は気を取り直し、デートに挑むことにした。

欠点ばかりが気になる初デート

正木に連れて来られた『イル スカンピ』は、神楽坂の裏路地にある、小じんまりとしたヴェネツィア料理店だった。適度にカジュアルで騒々しい店内に緊張感はなく、通されたカウンターの席は、思いがけず居心地が良い。

「ねぇねぇ杏子ちゃん、俺、イカスミ食べたいんだー」

席に座って早々、杏子はまたしても正木に驚かされた。

初デートで、イカスミなんて食材を選ぶ男がどこにいるだろうか。一口食べるごとに歯の汚れを気にしろとでも言うのだろうか。

「え、イカスミ……?」

「ここね、ヴェネツィア料理だから、イカスミ料理が有名なんだって。杏子ちゃんと僕の仲じゃん、細かいことは気にせずに食べようよー」

そう言って、正木は勝手に色々とオーダーを済ませてしまった。悪気は一切ないようだが、女にメニューを選ばせない男と言うのは、いくらイケメン医師と言えど、いかがなものだろうか。

デート初速から、杏子は正木の欠点ばかりが気になってしまう。

イカスミに始まり、正木は相変わらず食事中も落ち着きがなく、しょっちゅうスマホをいじっている。それも、仕事などの連絡ではなく、ただのラインの友達グループとやり取りをしているようなのだ。

その度に、会話は中途半端に中断され、正木は「えっと、今何話してたっけ?」と、ヘラヘラ笑う。杏子はいい加減ウンザリし始めていた。

どうして自分のような女が、わざわざ遠い神楽坂まで赴き、精神年齢の幼い男の相手をしているのか。仮面で貼り付けたような笑顔を浮かべながら、杏子はもう二度と正木には会うまいと、心の中で誓った。

「ねぇねぇ、ところでさ、杏子ちゃんは、どうしてそんなに結婚したいの?」

「え……?だって私も32歳だし、彼氏もいなくて、人に勧められたりして……」

「へー、杏子ちゃんみたいな人でも、結婚したいんだね。何かさぁ、杏子ちゃんってすっごい可愛いけどさ、結婚したいようには、見えないよ。別に困ってもなさそうだし」

「どうして、そう思うんですか?」

「いや、何か、微妙な男とは付き合いたくないってオーラすごい出てるし、杏子ちゃんって、男と一緒にいるより、独りの方が楽そうな気がする。だって、絶対神経質じゃん、杏子ちゃん」

杏子は、心の中にズカズカと土足で踏み込まれたような気分になった。目の前の幼稚な男は、何故だか自分の痛いところを、無邪気に的確に突いてくる。

「そんなことありません!私だって、彼氏を作って、結婚したいんです!それって、いけませんか?!」

つい感情的な声が出てしまうと、正木は急に腹を抱えて笑い始めた。

「私、何か変なこと言いました……?」

次ページ杏子、ついにキレてしまう…?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT