アマゾン「プライム会員は電子書籍無料」開始

新サービス「プライム・リーディング」とは?

 10月5日、アマゾン・ドット・コムは、米プライム会員向けに新サービス「プライム・リーディング」の提供を開始した。雑誌やコミックを含めた電子書籍を追加料金なしで読むことができる。写真は同社のロゴ。NY市で1月撮影(2016年 ロイター/Mike Segar)

[5日 ロイター] - アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は5日、米プライム会員向けに新サービス「プライム・リーディング」の提供を開始した。雑誌やコミックを含めた電子書籍を追加料金なしで読むことができる。

このサービスは、「Kindle」端末を持っていなくてもiOSやアンドロイド搭載の端末から専用アプリ経由で利用が可能となる。

年会費99ドルのプライム会員には、既に映画やテレビ番組を視聴できる「プライム・ビデオ」や音楽配信の「プライム・ミュージック」などの無料サービスが提供されている。

モルガン・スタンレーは5日、アマゾンの2018年までのプライム会員数の予想を従来の8800万人から1億人に上方修正。株価目標を150ドル引き上げて、ウォール街で最も高い部類に入る950ドルに設定した。サントラスト・ロビンソンの株価目標も800ドルから850ドルに上振れた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。