「嫌われ者同士」の選挙戦に映る米国社会の今

なぜ両陣営の支持率は拮抗しているのか

それは、「『嫌われ者』同士の争い」です。

クリントン氏は、国務長官時代の私設メールサーバの使用が問題になり、彼女のことを「ライヤー(うそつき)」と呼ぶ人たちが多くいます。さらに長年の政治キャリアが、まさに既存の政治家による手垢のついた政治はもういらないという有権者たちの思いと結びつき、どうしてもクリントン氏を支持したくないという人たちがいるのです。同じ民主党の候補者だったサンダース氏の支持者でさえ、民主党候補であるクリントン氏を支持しようか迷っている有権者が多くいるようです。

では、トランプ氏はどうでしょう。「国境に壁を造り、メキシコに負担させる」という発言にはじまり、数々の“暴言”が多少の紆余曲折もありながらずっと続いています。クリントン氏とは逆に、どうしてこんな人が支持を集めるのだろうかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。それが増田氏のトランプ氏の支持者たちへのインタビューによって、さまざまな理由でいろいろな人たちから支持を得ていることがわかります。

たとえば、あるトランプ氏の支持者はこう言います。「彼には、ビジネスマンとしての手腕がある。(略)今の米国には、彼のような経営手腕を持った、現実を直視できる人物が必要なんです」

トランプ氏が大統領になったらどうなるのか

クリントン氏が大統領になれば、同じ民主党のバラク・オバマ大統領の政策を継続する部分が多いと予測されています。では、もしトランプ氏が大統領になったらどうなるしょう。今の社会状況を大きく動かすような変化があるかもしれない。そう思う支持者たちが多くいる。その結果、嫌われ者同士にもかかわらず、支持率の拮抗という事態を招いているのです。

『徹底解説!アメリカ――波乱続きの大統領選挙』(ポプラ新書)。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

政治経験が豊富で大統領へ最も近いと思われがちなクリントン氏、暴言ばかりでとても大統領には不向きに思えるトランプ氏。好かれてもおかしくなさそうな候補者が嫌われ、嫌われてもおかしくなさそうな候補者が好かれる状況が、嫌われ者同士の選挙戦を生み出したのです。

ですからまだ今後の討論会次第では、何が起こるかはわかりません。

「米国の一般の人たちの知識や教養のあり方も変化しています」(増田氏)。その国民の意識を知ったうえで、討論会に有権者がどう反応して、大統領が決まっていくのか。その大きな流れを知るためにも、トランプ氏、クリントン氏、そしてサンダース氏の支持者たちがどのように考え、選挙戦がどう動いているかを知ると、米国社会で今起こっていることがより明確に見えてくるのは間違いありません。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT