「性犯罪の厳罰化」はいったいなぜ必要なのか

強姦罪は強盗罪よりも処罰が軽かった?

現役弁護士が議論のポイントを整理します(写真:Graphs / PIXTA)

性犯罪の厳罰化をにらんだ法改正の動きが出ている

強姦罪や強制わいせつ罪など性犯罪の厳罰化をにらんだ法改正の動きが出てきています。

9月中旬、法務大臣の諮問機関である法制審議会が金田法務大臣に対して性犯罪の厳罰化等に関する答申を行いました。性犯罪に関する刑法のあり方については、これまでも多くの議論があったところです。今回の答申を受けて国会で刑法改正について審議される予定です。

今回の答申の主な内容は、以下のとおりです。

①法定刑の引き上げ(例:強姦罪について懲役3年以上から懲役5年以上)
②強姦罪において、男性も被害者とする(現行法でも強制わいせつ罪については男性も被害者となります。)
③18歳未満の者に対して親などの監護者がわいせつ行為などをした場合、強姦罪等に問うことができる条文を新設する
④被害者の告訴がなくとも罪に問える非親告罪化

 

これらの改正点については、人によって、またそれぞれの改正点によって、さまざまな意見があることでしょう。これまでの刑法は何が問題だったのか、改正点のポイントはいったい何か。順に解説していきます。

次ページ強姦罪の下限を懲役5年以上へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。