「性犯罪の厳罰化」はいったいなぜ必要なのか

強姦罪は強盗罪よりも処罰が軽かった?

現役弁護士が議論のポイントを整理します(写真:Graphs / PIXTA)

性犯罪の厳罰化をにらんだ法改正の動きが出ている

強姦罪や強制わいせつ罪など性犯罪の厳罰化をにらんだ法改正の動きが出てきています。

9月中旬、法務大臣の諮問機関である法制審議会が金田法務大臣に対して性犯罪の厳罰化等に関する答申を行いました。性犯罪に関する刑法のあり方については、これまでも多くの議論があったところです。今回の答申を受けて国会で刑法改正について審議される予定です。

今回の答申の主な内容は、以下のとおりです。

①法定刑の引き上げ(例:強姦罪について懲役3年以上から懲役5年以上)
②強姦罪において、男性も被害者とする(現行法でも強制わいせつ罪については男性も被害者となります。)
③18歳未満の者に対して親などの監護者がわいせつ行為などをした場合、強姦罪等に問うことができる条文を新設する
④被害者の告訴がなくとも罪に問える非親告罪化

 

これらの改正点については、人によって、またそれぞれの改正点によって、さまざまな意見があることでしょう。これまでの刑法は何が問題だったのか、改正点のポイントはいったい何か。順に解説していきます。

次ページ強姦罪の下限を懲役5年以上へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。