8月の全国百貨店売上高は前年比6.0%減に

6カ月連続マイナスに

 9月21日、日本百貨店協会が発表した8月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比6.0%減の4092億円と、6カ月連続マイナスだった。6.0%減は、今年最大の落ち込みとなる。写真は都内で8月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 21日 ロイター] - 日本百貨店協会が21日発表した8月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比6.0%減の4092億円と、6カ月連続マイナスだった。6.0%減は、今年最大の落ち込みとなる。

8月は、主力の国内市場売上が同5.2%減、インバウンドも同26.6%減と不調だった。商品別では、主力の衣料品が同10.7%減と、消費増税前の駆け込み需要の反動が出た昨年3月以来の2桁減となった。婦人服に回復の兆しがみえず、紳士服・子供服とも販売不振だった。

規模別では全ての店舗規模が前年に届かず、また地区別でみても全18地区のうち、北海道を除く全地区でマイナスとなった。協会では「構造的な課題を抱える中、インバウンドや個人消費の低迷も長期化しており、急回復は厳しい状況にある」としている。

調査対象の百貨店は81社・236店舗。東京地区は前年比5.9%減と、2カ月ぶりマイナスとなった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT