8月の全国百貨店売上高は前年比6.0%減に

6カ月連続マイナスに

 9月21日、日本百貨店協会が発表した8月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比6.0%減の4092億円と、6カ月連続マイナスだった。6.0%減は、今年最大の落ち込みとなる。写真は都内で8月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 21日 ロイター] - 日本百貨店協会が21日発表した8月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比6.0%減の4092億円と、6カ月連続マイナスだった。6.0%減は、今年最大の落ち込みとなる。

8月は、主力の国内市場売上が同5.2%減、インバウンドも同26.6%減と不調だった。商品別では、主力の衣料品が同10.7%減と、消費増税前の駆け込み需要の反動が出た昨年3月以来の2桁減となった。婦人服に回復の兆しがみえず、紳士服・子供服とも販売不振だった。

規模別では全ての店舗規模が前年に届かず、また地区別でみても全18地区のうち、北海道を除く全地区でマイナスとなった。協会では「構造的な課題を抱える中、インバウンドや個人消費の低迷も長期化しており、急回復は厳しい状況にある」としている。

調査対象の百貨店は81社・236店舗。東京地区は前年比5.9%減と、2カ月ぶりマイナスとなった。

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。