さよならプランタン銀座、改装・再出発の狙い

約30億円かけ「マロニエゲート銀座」へ

「プランタン銀座」の名は今年12月末で失われる。2017年3月中旬からは「マロニエゲート銀座」として再出発する(撮影:尾形文繁)

「OLファッションの聖地」として32年のあいだ親しまれていた百貨店、プランタン銀座が、今年12月末をもって「プランタン」の名を失う。

8月31日、運営するプランタン銀座社が、2017年3月中旬にプランタン銀座は「マロニエゲート銀座」として再出発する、と発表した。

約30億円かけ「マロニエゲート銀座」へ

2017年1月に本館6~7階の大型テナントを除く売り場を閉鎖して改装工事に入る。3月中旬には、隣接する読売新聞東京本社所有のテナントビル、「マロニエゲート」と一体型の商業施設として新装開店する予定だ。現在のマロニエゲートが「マロニエゲート銀座1」となり、プランタン銀座の本館と別館(アネックス館)は、それぞれ「同2」「同3」になる。改装には総工費30億円程度をかける計画だ。

プランタンが銀座の地に開業したのは1984年。ダイエー傘下の百貨店事業として、フランスの老舗百貨店であるプランタン社と商標契約を結んだ。以来、銀座で働く20代後半のOLをターゲットに、『CanCam』や『JJ』といった「赤文字系」ファッション雑誌が標榜するコンサバファッションの品ぞろえで人気を博し、ほかの地域のプランタン店舗が軒並み不調の中で銀座店のみがドル箱になった。

が、ダイエーの経営悪化に伴い2002年に土地所有者であった読売新聞東京本社へ全株式を売却。さらに読売新聞はその3割を三越伊勢丹ホールディングスの100%子会社である三越伊勢丹に売却した。このため現在のプランタン銀座社は、読売新聞が7割、三越伊勢丹が3割の出資をする合弁会社となっている。笹岡寛社長をはじめとする経営陣は、三越伊勢丹から送りこまれている。

しかし、新生プランタン銀座の黄金期は、そう長くは続かなかった。

次ページ落ち込んだワケは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。