独バイエル、米モンサントを買収へ

660億ドル超、14日にも発表の見通し

9月13日、独医薬品・化学大手バイエルは14日にも米農業関連・種子開発大手モンサントの買収を発表する見通し。独ベッパータールで2014年2月撮影(2016年 ロイター/REUTERS FILE PHOTO)

[フランクフルト/ニューヨーク 13日 ロイター] - 独医薬品・化学大手バイエル<BAYGn.DE>は14日にも、米農業関連・種子開発大手モンサント<MON.N>の買収を発表する見通しだ。買収額は660億ドルを上回ると見られている。複数の関係筋が明らかにした。

買収が実現すれば、現金での買収提案としては過去最大となる。バイエルは、自社の作物学部門とモンサントが種子分野で持つ強みを統合し、急速に再編が進む農薬産業でシェアトップの座を獲得できる。反トラスト規制当局の承認が得られるかが今後の焦点となる。

関係筋によると、交渉打開の要因は、バイエルが先週提示した1株当たり127.50ドルの買収額をさらに引き上げたこと。ただし、モンサントが当初望んでいた130ドルは下回るという。

関係筋によると、モンサント<MON.N>は13日に取締役会を開き、買収案を受け入れるかどうかを決定する。受け入れが決まれば、バイエルは14日に開く監査役会で買収を最終的に決議する。14日のニューヨーク株式市場の取引が始まる前にも発表する見通しだ。

この件について、バイエルとモンサントはコメントを拒否した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT