独バイエル、米モンサントを買収へ

660億ドル超、14日にも発表の見通し

9月13日、独医薬品・化学大手バイエルは14日にも米農業関連・種子開発大手モンサントの買収を発表する見通し。独ベッパータールで2014年2月撮影(2016年 ロイター/REUTERS FILE PHOTO)

[フランクフルト/ニューヨーク 13日 ロイター] - 独医薬品・化学大手バイエル<BAYGn.DE>は14日にも、米農業関連・種子開発大手モンサント<MON.N>の買収を発表する見通しだ。買収額は660億ドルを上回ると見られている。複数の関係筋が明らかにした。

買収が実現すれば、現金での買収提案としては過去最大となる。バイエルは、自社の作物学部門とモンサントが種子分野で持つ強みを統合し、急速に再編が進む農薬産業でシェアトップの座を獲得できる。反トラスト規制当局の承認が得られるかが今後の焦点となる。

関係筋によると、交渉打開の要因は、バイエルが先週提示した1株当たり127.50ドルの買収額をさらに引き上げたこと。ただし、モンサントが当初望んでいた130ドルは下回るという。

関係筋によると、モンサント<MON.N>は13日に取締役会を開き、買収案を受け入れるかどうかを決定する。受け入れが決まれば、バイエルは14日に開く監査役会で買収を最終的に決議する。14日のニューヨーク株式市場の取引が始まる前にも発表する見通しだ。

この件について、バイエルとモンサントはコメントを拒否した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。